玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

村の風景

d0330311_1903218.jpg

近隣には古くからの村があることは前回書いたが 辺りには田園風景が広がる。
梅雨前に植えられた稲穂が大きくなり
d0330311_19153079.jpgもう、穂まで出ている。
水の管理をしたり 雑草を抜いたり 毎日の努力によって立派に成長している。
太陽の恵みも大きい。
子供の頃、母に「暑くないとお米は出来ない」と言われたのを思い出す。

冷夏でお米が出来なかった年があった。
何時だったかと調べてみると1993年だという。21年前。
もうそんなになるのだ。
平成の米騒動とまで言われる社会現象だった。
暑いのも大変だけど 冷夏でお米が出来ないのも困る。
あの時は 外米の混ざったご飯を食べた。
長いお米は不味かった。

農家の方に戴いたお米の美味しかったこと 決して忘れない。

d0330311_20182350.jpg

農家の小屋は こんな感じ。
我が家も玉ねぎはガレージに吊るしてあるが ホンの数個。

d0330311_2020256.jpgフェンスからはみ出して成長する西瓜。⇒
ちゃァんと台を作って貰っている。


村、邨、邑
d0330311_20255340.jpg←この字は「邑」であるが 現在使っている「村」も古くは邨と。人の集まり住むことで、「邑」の口(イ)は城郭の形で巴は跪(ひざまず)く人を横から見た形。城中に人の集まり住むところの意味である。邑は村より大きいものを指す。

都邑(とゆう)という言葉が思い出される。

「平城遷都之詔」に
方(まさ)に今、平城の地、
四禽図(しきんと)に叶い、三山鎮を作す。
亀筮(きぜい) 並びに従う。
宜しく都邑を建つべし。


元明天皇の詔(みことのり)が発せられ、平城遷都が決まった。
794年平安京に遷都するまでの間奈良が日本の首都であった。(784年長岡京に遷都するが、奈良時代は平安京に遷都する794年迄)
当時の都の人口は10万人(日本の人口600万人)と推定されている。
「邑」を検索して 興味のある事が書かれていたので 備忘録として以下に記しておこう。
「平安京に遷都する時、都の建物は瓦、柱、礎石などリサイクルのため全て京都に運ばれ、100年もしない内に都も宮跡も田畑に変わってしまう。東大寺や興福寺などの社寺は京都に移ることを拒まれたため奈良に残った。元興寺は室町時代の土一揆で殆どの建物を焼失し、再興されないまま民家が建ち商業の街となって行く。そして明治末期になる迄、1100年の間「奈良に都があった事すら」忘れ去られていた。」=ネットより
元興寺の全体像が見え難いのは こういう事情があったのだ。
「土一揆」とは室町時代中期から後期にかけて発生した民衆の政治的要求活動。
[PR]
by souu-3 | 2014-08-01 00:20 | 奈良 | Comments(16)
Commented by すみれ at 2014-08-01 06:42 x
souuさん おはようございます。
スゴイ!写真の腕前がupしてますねぇ。
やはり、書道をされているだけあって、バランス感覚がいいですよ。

暑さもですが、今年はセミの声が違うような?
アブラゼミからクマゼミが多くなってきたのは例年通り。
早朝、ヒグラシに似たようなセミの声。
生き物の世界も、異常なんでしょうか?
Commented by souu at 2014-08-01 11:20 x
すみれ 様
梅干しもお盆の支度もしないって チョッピリ寂しいのではないですか?
すみれさんには他にも色々あるでしょう。写真はすみれさんを見習ってと
思っているのですからイッパイ見せて下さい。
蝉たちも それなりに頑張っているのでしょうからお互いに頑張りましょう。
Commented by かっちゃん at 2014-08-01 12:34 x
大阪には今も一つだけ残る村に嫁いだ娘でしたが、村って形態だけでなく、男尊女卑、家長制度が色濃く残り苦労したようです。線香の原料になる杉の葉を出荷していたと60年前の社会で習いましたが、今もあるのかは不明です。
タマネギは各種の切り方で個々に冷凍しています。冷凍すると炒める時間の節約になるとか。さぁ作るぞ〜って時に楽チンですよ。キャベツやキノコらで満タンで、アイスクリームを作りたいのにさ。
そうそう、今朝は6時前に起きましたよ。
Commented by おせっちゃん at 2014-08-01 14:40 x
稲の発育の速いのには驚かされますね。植えつけてから短い期間であの美味しいお米が実る瑞穂の国のありがたさです。
冷夏でお米がとれなくて外米でしのいでからもうそんなになるのですね。

都もそんなにきれいさっぱり忘れ去られるものなのですね
Commented by souu at 2014-08-01 17:18 x
かっちゃん
楠木正成の出身地ですね。
玉葱は冷凍にされているのですか?キャベツも キノコまで?結構何でも
OKなんですね。早起きだったのですね。でも、雨は降りませんね(^_-)
Commented by souu at 2014-08-01 17:23 x
おせっちゃん様
早いですよね。それにあの外米を食べた年から21年、早いデス。
遷都していく時、色んな物を持って行ってしまったのは判りますが記憶まで
運んでしまったのでしょうか?平城宮址も この辺りだったと気付いた人は
凄かったですね。
Commented by asayannj at 2014-08-01 21:27 x
お米の成長はこちらとほぼ同じです。
玉ねぎの吊るされかたも 同じです。
でもスイカの台は初めて見ましたよ 大事に育てておられますね。
「村」の字 私の名前にも使われてますので興味深く読みました。
Commented by souu at 2014-08-02 06:06 x
asayannj さま
そちらと粗同じ成長なんですね。
この西瓜 いつも買い物に行く道にあったのですが昨日通ったらなくなっていました。
収穫されたのなら良いのですが 盗まれたってことはないかと他所ごとながら
気になってます。
Commented by syo-kunin at 2014-08-02 06:44
SOUU先生、こんにちわ。。。

ありましたね、冷夏で米不足。
タイ米、その時初めて食べましたよ~!
改めて、日本人ってご飯が主食なんだなぁと実感した時です。
Commented by rollingwest at 2014-08-02 08:16
御無沙汰しておりま~す!「邑」が城郭の形で跪く人の横姿で城中に人の集まり住む・・、なるほど大変勉強になりました~!文字の成り立ちは意味が深いですね~
Commented by rabbitjump at 2014-08-02 13:31 x
souuさん、今回も勉強させていただき感謝です。
村,邨、邑、の意味がよくわかりました。
今の‘村は合併合併で町になり、市になりですけれど。

`平安京に・・・、ネットからの文章、なるほど~と拝見致しました。
Commented by マロン at 2014-08-02 17:08 x
タイ米、思い出しました。 もう21年前ですか? パサパサしていましたね。
でもタイの人は日本のお米は柔らかくて美味しくないとか?
やはり小さい時から食べ慣れた味が一番なんでしょうね。
玉ねぎは我が家も200個採れて、こんな風に陰干ししています。
スイカは無事だったのでしょうか? 気になりますね。
Commented by souu at 2014-08-03 08:01 x
syo-kunin さま
あの年の事を思い出し 暑さに耐えましょう。
日本人は日本のお米が一番美味しく感じますね。お料理の仕方かもしれませんが。
Commented by souu at 2014-08-03 08:03 x
rollingwest さま
漢字の成り立ちを知ると 当時の生活も見えてきますね。
それは想像の世界だろうって言われるのですが 当時を想像するのも
楽しいですね。
Commented by souu at 2014-08-03 08:07 x
rabbitjump さま
合併して 随分知らない市が増えましたね。こんな田舎も「市」なの?って所もあります。
ネットは色んな事を教えてくれます。元興寺が興福寺より立派だったように
聞くにつけ ??だったのですが判ったような気がします。平城宮址に電車が
走っているのも納得出来ました。
Commented by souu at 2014-08-03 08:10 x
マロン さま
タイの料理にはあのお米が良いのでしょうけれど 和食には合いませんね。
馴れ!確かにあるでしょうね。 マロン さんちの収穫も立派ですね。
あの西瓜は誰の口に入ったのでしょう?植えた人が召し上がったのなら
良いのですが 他事ながら気になりますね。
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30