玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

喜光寺

d0330311_14253380.jpg

台風一過 朝から洗濯日和だ。

d0330311_14264137.jpg

台風前、テレビで喜光寺の蓮が放映されていた。

d0330311_1444544.gif

ここでは、1本の茎に2つの花がつく「双頭蓮(そうとうれん)」が咲いた。
突然変異のようだが 7日に咲き始め「吉兆の花」とされる珍しい現象だ。
双頭蓮は、平安時代に編纂された「続日本紀」にも記述があり、めでたい兆しとされてきた。背中合わせにくっついた花はともに直径10センチほど。ハスは普通、まっすぐな茎に一輪の花を咲かせるが、土壌の栄養状態が良い場合などにまれに2つ咲くことがあるらしい。

台風騒ぎでその咲いている時には行けなかったが 絵葉書を購入した。今はここにある咲いた後だけであるが たった1本だけなので 今度は何時見られるのだろう?

喜光寺は行基菩薩によって創建された。 東大寺造営に当たり 喜光寺の本堂を参考にされたという伝承から「試みの大仏殿」と言われている。
蓮の写真と喜光寺に付いては 後日に・・・

d0330311_14553512.gif


昨日は 主人の誕生日だった。
日によって体調が良かったり そうでなかったり、早めの予定は出来なくなっている。
朝の顔色を窺いながら「お昼食べに行く?」
すんなり行く事にはなったが 急に予約を入れても無理な所があったりすると「もう、エエで!」と言い出す。
*エエで!とは行かなくっても良い。行かないということ 
何とか出かける事になったのは 一駅JRに乗り奈良駅から徒歩20分ほども掛かるだろうか?(一人で歩けば12~3分?)奈良町とは申せ最も駅に近い北西にある 和風創作薬膳料理「京小づち」 奈良唯一の薬膳コース。




JRの駅に 程近い場所に娘の友達の店があり ちょっと覘いて ちょっと喋って、
目的地へ行く。
(友達から娘へは連絡が行くだろうと思っていたが 案の定、父の誕生日を忘れていたであろう娘から電話が掛かってきた。道の真ん中で父と娘はお喋り。時代ですなぁ)
健康に良い食材ばかりで 多分二人とも元気になり又1年生きていくことになるのだろう?
体内より健康美をつくるコースというのを戴いた。
飛鳥時代に出来た日本初のチーズ「蘇」
柚子の中に味噌、山菜を入れて蒸し風干しした「柚餅子」
ヨーグルトに胡桃と豆腐で作る「酪」
季節の野菜添え

野菜の炊き合わせに金針菜(野甘草・キスゲの蕾)は鉄分が豊富で これらの野菜は身体を温め消化が良く食欲が増すそうだ。

誕生日ということで鯛の刺身の料理のサービスがあった。

若鮎のちょっと干し。これが絶品!骨もから揚げにして鮎を丸々食べられた。

烏骨鶏の小鍋には生薬が色々入っていて痴呆予防になり免疫力強化、風邪予防、美容にも良いらしい。

そして 奈良特産の丸茄子、味噌とチーズの二色田楽。
身体の熱をとり むくみ解消、循環機能促進、抗酸化作用があるらしい。

玄米食に準ずる効能がある古代の赤米。

台風接近で公民館の練習日を変更したお蔭?でご馳走を戴けた良い日だった。
[PR]
by souu-3 | 2014-07-12 15:00 | 奈良
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31