玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

春を背負って

d0330311_1528093.jpg

映画のポスターを見た時から これは見に行こうと思っていた。
それから 随分、日が経ち「ノア・約束の舟」も良いかな?夫と見に行こうと前日 話していたのに朝になって「行かない」と言い出す。最近、気が乗らないことが多いようで約束は出来ない。
d0330311_15331576.jpg

その日の気分次第。もう、何度か裏切られている。
映画館でチケットを買うまで どっちを見ようか迷ったが「春を背負って」を見ることにした。

d0330311_15361445.jpg

上、2枚の写真は10年ほど前 立山に行った時撮ったものである。
立山には何度か行ったが 登山ではなくケーブルやバスである。ハイヒールで・・なんてことはしないけれど楽に上るのは如何なのだろう。

この映画の場面は大汝休憩所と書かれている場所で 標高3,015mの所にある。実際には登山者のオアシスになっているそうだが 劇中では「菫小屋」という設定である。菫とは主人公の母親(元経営者である父親の妻)の名前である。
トロリーバスで通ると立山ロープウエイ大観峰駅の北西辺りであるが 地図でみるようには簡単に行けそうにない険しい所だ。

d0330311_15591867.jpg
ストーリーも然ることながら 
立山の美しさ、ご来光、高山植物
感動せずにはいられない。


1961年白馬から唐松岳、八方尾根へと歩いた青春時代 一生懸命高山植物の名前を覚えたが 大方、忘れている。
綿毛になっていたがチングルマだけは鮮明に覚えている。
尾根を上ったり下ったり 疲れている時、足元に可憐なコマクサが咲いていた。踏んではいけないと思って通った記憶はあるが写真はない。
当時はモノクロ写真が殆どで 綺麗に撮れた写真が残っていないのは残念だ。


d0330311_16171741.jpg

あの白馬の山頂から拝んだご来光。
これもモノクロの小さい写真が残っているだけ。

こんな時、アルバムを見ながら 遠き昔を思い出すのも悪くはない。
だから、写真の整理が中々出来ないのだ。

まぁ もう少し残しておこう。

「一歩一歩 自分の力で歩けば良い・・・」
「みんな何かを背負って生きている」

スバラシイ台詞も多く感動の作品だった。
[PR]
by souu-3 | 2014-06-14 17:06 | 雑記 | Comments(24)
Commented by mamepanapollo at 2014-06-14 19:52
私も見に行こうと思っています!
今まで海にしか興味が無かったのですが
去年くらいから山に惹かれてきました
また教えてくださいね~
Commented by souu at 2014-06-14 20:24 x
mamepanapollo さま
立山は好きな山ということもあり感動しっぱなしでした。
セットではなく現地でのロケは迫力もあり 自然の美しさが素晴らしいです。
9:20~11:40~14:05~16:30~18:55~の5回です。
何時ものことながら席はパラパラですからいつでもOKだと思いますよ。
Commented by syo-kunin at 2014-06-15 06:58
SOUU先生、こんにちわ。。。

妻も急に気が変わるので、予定を立てるのが大変です(笑)
立山は行ってみたいですね、雪の壁も見て見たいし黒部ダムも☆

登山の話、番長も今度ブログでUPします!
Commented by すみれ at 2014-06-15 07:37 x
souuさん おはようございます。
映画、見に行こうと思いながらも、行けず。
近頃、出かけるまでに疲れてしまい、ヤメ~

立山、ここで一泊でいいからしたい。
いつも、忙しく通り過ぎてしまうような?
ツアーを利用するからかな?
行けるうちに、もう一度行かなくちゃ。
Commented by souu at 2014-06-15 08:36 x
syo-kunin さま
夫婦ってどちらかが計画しないと何処へも行かず何もしない内に人生終わります
ので、夫の言うのは待てないのです。それなのに平気でキャンセルします(>_<)
雪の壁は何時頃からだったのでしょう?私の青春時代にはなかったような?
黒部ダムへいらっしゃれば是非、我が師匠の「黒部ダム」と書かれたのを
ご覧ください。大きいのです。
泳げないからか「山」が大好きです。ブログUP楽しみにしています。
Commented by souu at 2014-06-15 08:45 x
すみれ 様
近くに映画館が出来るまで 何十年と見なかったのですが 3年前に開業してから
月一程度見ています。スッピンで普段着OK、上映時間5分前に家を出れば良いのです。

立山はいつも素通りです。室堂で1週間くらい滞在したいです。そんな時間欲しいです。
Commented by murataです at 2014-06-15 16:00 x
立山は懐かしい山の一つです。
25年程前、長野と富山へ単身赴任していた頃、週末には近くの山々に登り、頂上からの風景を見渡しながらスケッチを楽しみ、平日は気持ちを切り替えて仕事に励んだことを思い出します。
立山の雄山神社で買った瓢箪のお守りが手元に残っています。
映画も是非とも見たいと思います。
Commented by souu at 2014-06-15 16:51 x
murata さま
想い出の立山ですね。頂上でスケッチが出来るって良いでしょうね。
そんな気分で行けたら良いですねぇ。転勤も振り返ると良いものですね?
私でさえ あの景色!って感動しましたもの、セット撮影と違って素晴らしい
です。きっともっと深い気持ちで見られると思います。
Commented by おせっちゃん at 2014-06-15 17:16 x
私は登山らしい登山をしたことがありませんが、体に負担をかけた後の三原市、素晴らしい体験だと思います。
こんな映画があるのですね。知りませんでした。
Commented by souu at 2014-06-15 19:27 x
おせっちゃん 様
私は娘時代 一応山岳部だったのですが 大台ケ原から大杉谷へ行った時
あれは遭難寸前だったと思います。遠くに山小屋の灯が点と見えなかったら
ビバークしているところでした。母がお茶会などに出かける時と登山に出かける
時の見送る顔が違ったのを覚えています。が、山が呼ぶんです。あの景色が
「おいで!おいで!」と。シンドイ思いをしても それ以上のものがあります。
Commented by Housui at 2014-06-16 08:23 x
おはようございます。
立山の美しい風景を見るだけでもステキですが、「みんな何かを背負って生きている」って人生後半を生きていると共感できる言葉ですね。。私も見に行きたいと思ってます^_^
独身時代に信州を旅した時が蘇ってくるような気がします。

ところで、私のブログが開きにくくなっているようです。自分でもログインできなかったりして困っています。今は回復しているようですが開けますか?ブログの引越しを思案中です。
Commented by usatyu4 at 2014-06-16 08:49
おはようございます。私たちのところのバス会社がツアーで
募集しています。バスやケーブルで行けれるそうですね。
1泊しないと行けれないので、思うように申し込み出来なかったけど、
文章を読んで行きたくなりました。
最近は元気なうちに・・・・と、ついつい思ってしまいます。
Commented by にゃんころりん at 2014-06-16 14:59 x
ちまちました日常から離れて、大自然の中にいると、心も広がっていくみたいですね。
好きな役者さんがいっぱいで、私もぜひ見てみたいなと思いました。
いろいろ情報ありがとうございました。
Commented by 月草 at 2014-06-16 16:30 x
souuさん こんにちは
ご無沙汰ばかりしてしまって・・・
わあ~登山ですか? え~え? souuさんがですよね。
素敵ですが・・・だからあの山の仏様に登られたのですね
夫も学生時代 カメラを持って山に登ったそうです。
私は歩く事が大嫌いで 夫にすかされ、なだめられ、やっと山に行く気になります。
昨日も久々に行ったのですが・・・疲れました~もう行きたくないです^^*

Commented by midori at 2014-06-16 16:43 x
TVで映画監督さんや松山ケンイチさん、蒼井優ちゃんが「春を背負って」をPRしていますね。
ひとりでは観に行けないので 誰か観に行ってくれる人がいたら観てみたいと思っています。
ラストの画像、ご来光は神秘的でいいですね。
白馬の山頂へは行きませんでしたが 会社の保養所が白馬にあったので
宿泊したことがあります。 山々の景色がとてもきれいでした。
今はもうあの保養所は売ってしまってないとか。淋しいです・・
Commented by hemi-kame2 at 2014-06-16 20:40
人を包み込む大きい自然、特に山々の景色は癒されますね。
山へ行くと足元の小さい自然から目の前の花景色からそれらを全部包含した“大地”の営みを味わえるのですね。
大昔、ほとんど独りで関東近辺(北は安達太良山、から南北アルプス)の尾根歩きをしていました。
そんな大昔をこの記事で想い出しました。
Commented by kattyan62 at 2014-06-16 23:30
そうか〜そうだったんや。souuさんの元気の元は若い時に培われてたんですね。若い時に付けた筋肉が物を言っていると僕も思いたいんです。同年輩が仕事でバイクや車だった頃に自転車だったんです。あの谷町界隈の坂道をスイスイ登り下りしてたお陰と思っています。
僕も想い出の中に遊ぶ時間が随分と増えちゃいまいた。
Commented by souu-3 at 2014-06-17 10:37
Housui さま
最近、何かがあると昔を思い出すことが多くなりました。年を重ねたってことですね。
確かに開けませんでした。少し待てば良いのかもしれませんが その時点では
あれやこれや他の方法がないか焦ってしまいます。でもOKのようですね。
Commented by souu-3 at 2014-06-17 10:40
usatyu さま
昔は夜行列車で往復しても平気でしたが 山へ行くなら余裕を持って行きたいと
思ってしまいます。今の私には許されませんが室堂辺りに1週間なんて夢みてます。
Commented by souu-3 at 2014-06-17 10:42
にゃんころりん様
その場所で撮影されることに拘った監督さんなんですってね。
とっても良かったですよ。行けない今、これで行った気分でいます。
Commented by souu-3 at 2014-06-17 10:46
月草 さま
何がキッカケで山が好きになったのかと聞かれたのですが 思い出せません。
只、冬はスキー、夏は山でした。厳しい冬山は私には無理という程度でしたが。
うちの主人も こういうのは嫌いなようです。無理に誘わない方が良いのですね。
Commented by souu-3 at 2014-06-17 10:49
midori さま
一人でいらっしゃらないのですか?私は一人で行動するのは嫌ではないです。
会社も保養所など手放しているのですね。私たちが勤めていた頃は余裕もあったのでしょうね。
Commented by souu-3 at 2014-06-17 10:54
hemi-kame さま
山は良いですねー。独りで歩かれたのですか!そういう頃があったのは
スバラシイですね。
只、女は中々一人では行けませんので(ホントの山ガールは行くのでしょうけれど)
しっかりしたリーダーに着いて行くだけでしたが そういうチャンスは有難かったです。
Commented by souu-3 at 2014-06-17 10:57
kattyan !
≫想い出の中に遊ぶ時間・・・
これがあるってシアワセですよね。素敵な過去もなければ寂しい人生です。
出来る時に思いっ切り経験しておけば悔いもないですね。
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30