玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

知らないということは・・・

d0330311_13383199.jpg

10年以上前に亡くなったご近所さんが「お茶花だと思う」と自宅の庭に咲いた小さな可愛い花を挿しておくように持ってきて下さった。
名前は判らないという事だったが ドンドン増えてこの時期になると黄色い花をいっぱい咲かせる。

先日、ハリエンジュの木を教えてもらったように 花も「何の花掲示板」に出してみようと思い立った。
こちらも早速教えていただけ「ウマノアシガタ」だと。しかし、雑草だから他人に分けるかどうか?と書いて下さっていた。
念の為、検索すると確かにそうだ。黄色の花や初夏の花で検索した時は出てこなかったが それもその筈、山野に生えるものらしい。キンポウゲ科の植物に多い有毒植物のひとつでこれを食べた牛が中毒を起こしたことがあるとネットに書かれている。
これは抜いてしまわないと!こうなると可愛い花も抜いてしまう、我ながら早い。
根がしっかりしているから来年 また出てくる可能性はあるが取敢えず抜いた。

d0330311_13503248.jpg

すると・・
今日のNHKの「ひるブラ」は熊本県の高森町からの放送だったが このウマノアシガタが沢山咲いていた。
d0330311_1421751.jpgこの名前は根生葉を馬の蹄に見立てたものと言われているそうだが。
TVでも馬の蹄には見えないと言っていたが 個々の葉ではなくロゼットの形状を指すという見解や、「鳥の足形」が誤って「馬の足形」と伝わってしまった、という説がある。とネットには書かれている。
TVではウマノアシガタとクララを紹介されたが どちらの植物も毒があるため牛が食べないという事だった。
賢い!慌て者の私より牛の方がずっと賢いではないか!
オオルリシジミはクララに卵を産みつけるため植物ごと卵が食べられることのないようになっている。
なんて賢いんだろう。

d0330311_1417516.jpg

d0330311_1418208.jpg

庭の紫陽花も ほんのり色付き初め、お昼には窄(すぼ)んでしまうがムラサキツユクサも優しく微笑む。

主人の体調に合わせ出来るだけ家に居るようにしているが花たちが和ませてくれる。
[PR]
by souu-3 | 2014-05-19 14:35 | 雑記
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31