玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

天国のペットたち

d0330311_1538269.jpg

我が家は随分、長くペットと一緒に暮らしている。
長くて20年程度しか生きられない彼、彼女たちは この世から去る日が来る。
d0330311_16124456.jpgイヤ、いや ペットたちだけではない。
この世に生を受けたもの全てが。

本屋へ行くと平積みされた本に目が行った。
「あした死ぬかもよ?」人生最後の日に笑って死ねる27の質問

私も そう遠くない日 それは現実になるだろう。
そんな日はまだまだだと思うから 遣るべきことを先延ばしにしてしまう。
今日しかないと思えば もっと充実した日を過ごせる。
先日、膵臓の数値が悪いと言われた日 次の展覧会の作品を書いてしまおうと本気で思った。
あれから 大丈夫だと判り その作品は次の日曜日、表具に出さなければならないのに 出来上がっていない。
読み進むほどに 思い当たることが多々ある。
意外と明るく面白い本なのだ。

d0330311_15401692.jpg

娘が小学校に入学した頃 我が家に来た「パピ」=1979年~1998年=真ん中
その子供「ジョアン」=1982年~2000年=
そして猫なのに犬の子のように育った「ヤン」=1991年~2012年=

この子達は もう、この世にはいない。

d0330311_15501774.jpg

ヤンは奈良に近い京都の加茂に眠っているが この2匹は吉野の天狗山「泉徳寺」に眠っている。

夫が何を想ったのか もう、10年以上行ってないのに墓参りに行く!と言い出した。
小さな骨壺に入ったこの子達は本堂に祀られていたが10年を過ぎ 昨年の秋、共同墓地へ葬られていた。

d0330311_1550484.jpg

住職さんは 若住職さんに替わっていたが 丁寧なお経をいただいた。

d0330311_16531644.jpg

パピは我が子にも猫にも優しく接してくれた。
あの世でも きっと寄り添っているのだろう。
この土筆のように。

d0330311_16555280.jpg

帰りの駅には いくつもの燕の巣があり親はセッセと子供に餌を運んでいた。
あの世も この世も みんな仲良く助け合いながら暮らす所なのだろう。
決して一人ぼっちではない。
[PR]
by souu-3 | 2014-04-15 17:08 | ペット
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30