玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

東大寺・二月堂修二会の満行と松明の行方

d0330311_17513586.jpgd0330311_17515916.jpg


東大寺二月堂の修二会(お水取り・お松明)が満行を迎えた。
12日~14日には二月堂内陣の中で、直径60cmほどの松明(この松明についてtotteさんが詳しく書かれている)に火がつけられ韃靼帽と呼ばれる帽子を被り 火天と水天に扮した練行衆が、法螺(ほら)や鈴、錫杖(しゃくじょう)の音にあわせて飛び跳ね 松明をかかえた火天は、そのまま松明を引きずりながら内陣を一周する、
この時の韃靼帽を被せる行事が15日朝から行われた。

d0330311_18481428.jpg


この日は無病息災を願う親子連れが大勢集まる。
二月堂南の階段を上ったところで子どもたちに帽子をかぶせ健康でよい子に育つようにという行事が行われる。「だったん帽いただかせ」という。
d0330311_1853393.jpg幼い子たちは 何事かも判らず 驚いて泣き叫ぶことが多い。
写真に収めようと 親や祖父母たちは 必死になだめ賺(すか)しているが中々カメラの方へ顔を向けてくれない。

d0330311_1857383.jpg


それでも 大きくなると この通り、立派に健康祈願が出来るようになるようだ。


お松明のクライマックスは12日の長さ8m、重さ80kgもある籠松明だ。
d0330311_1931446.jpgこの松明が出番前に並べられている様子を撮影された totte さんこころは青空のブログで 近くの小児科医の名前を見つけた。(←写真はtotteさんよりお借りしています)

「修二会」と題した歌を作詞・作曲されたことのある さだまさしサンの名前もあったが 8日夜、自身が奉納した真竹で作られたお松明がともされた様子を見学されたそうだ。翌日、トラックに載せてコンサート会場に運ばれ 日本中が応援しているという気持ちを届けるという。
昨年のお松明も持ち帰ってあり お箸に加工して 気仙沼市で配るらしい。

前述の小児科医 黒田先生のご自宅の前を通ると あの松明が置かれていた。
まだ、運ばれたままビニールに包まれていた。

d0330311_602072.jpg


黙ってブログに載せて良いものか?ちょっと迷ったけれど病院へ行って許可を得ることにした。
先生には驚かせたいと言う周りの人達のサプライズだったらしく 当日までご存知なかったという。
totteさんが撮られた写真を持参したが お昼間には見ていないのでと大層喜んで下さった。
その上、お昼には包装を解いておいて下さるとの事 二月堂からの帰りには この通り↓ 黒々と焦げた籠松明が姿を現していた。
d0330311_1929188.jpg


火を点ける前は・・・
d0330311_19381217.jpg

  こんな姿だった。  (東大寺ミュージアムにて)

d0330311_19402781.jpg


こうしてお役を終えた松明は奉納者の元へ戻され そこに展示されているのをよく見かける。
先生も以前にも奉納されたものも 吊るしてあるそうで 今回もそうされるとの事だった。

さぁ
奈良には「春」がやってきた。
[PR]
by souu-3 | 2014-03-15 19:54 | 奈良
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31