玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

お雛様の頃に

d0330311_1602376.jpg
「さくらのはなびら」  まど みちお

えだを はなれて
ひとひら

さくらの はなびらが
じめんに たどりついた


いま おわったのだ
そして はじまったのだ

ひとつのことが
さくらにとって

いや ちきゅうに とって
うちゅうに とって

あたりまえすぎる
ひとつの ことが

かけがえのない
ひとつの ことが


まど・みちおさんが亡くなった。104才。年齢に不足はないと言えども大好きだった人が この世からいらっしゃらなくなるのは寂しいものだ。
「身の回りの不思議を探すのが大好き」と話されていたという、100歳を超えても創作意欲は衰えなかった
まどさんを見習いたい。
天井から床スレスレまである長い このタペストリーは 数年前、我が社中展に出品したもので 丁度桜の花が咲く頃だった。

d0330311_16205266.jpg


d0330311_16213582.jpg3回目となる「大和な雛まつり」が開催中である。
大和郡山の旧市内に広がる商店や会社、神社、お寺、個人の家などが参加したイベントだ。
多くの雛段の他に 赤膚焼の窯元やパン屋さんの店先には 個性的なお雛様が飾られている。

d0330311_16323889.jpg






「旅まぐ」というメールマガジンには お雛様飾りの催しが 
← 載せられている。
わが市は こんなに多くのお雛様を集める場所はないのだろう。日本中、この時期 このような催しで賑わっている事だろう。

d0330311_1651276.jpg

d0330311_1652761.jpg

d0330311_16522945.jpg

今年は ステンドグラスのお雛様が初めて並べられた。淡い光に照らし出されたお雛様は美しい。
お内裏様とお雛様の並び方が関東と関西では違うが この2体は作者が違うからだろうか?
個人で こんな参加の仕方もあるのだ。雛を題材に書の作品を展示するのも良いかもしれない。などと思いながら 雛めぐりをした。
[PR]
by souu-3 | 2014-03-02 06:48 | 書道 | Comments(19)
Commented by おせっちゃん at 2014-03-02 09:01 x
まどみちおさん、惜しい方が旅立たれましたね。みずみずしい、幼心を持ち続けられての旅立ちでしょう。
「ぞうさん」「おてがみ(?)」(ひつじさんの)など気が付くと口ずさんでいることがあります。
Commented by かっちゃん at 2014-03-02 13:38 x
早くに両親を亡くし憧れた雛祭り、小さいのが好きと買った5cm程の雛人形も主人を失い箱の中。
明日は仏壇の前で歌いまっせ〜
Commented by かっちゃん at 2014-03-02 13:43 x
雛飾りに思い出してしまい、一方的なコメントになってすんません。華やかな雛飾りに幼児体験を思い出してます?
雛人形も団地サイズや変わり雛が目立ってきてますが、やはり多段の雛飾りは圧巻。九州の日田にも雛飾りを披露する習慣があり、それを目的に旅したことがあります。
Commented by yocco at 2014-03-02 15:47 x
あの歌も この歌も、まどみちおさんだったのね というほど
子供に親しまれ、よく歌われる歌ばかりですね
どの詩にも優しさやユーモアがあって
子供(大人も)が大好きなのもよく分かりますね
Commented by fuchan_k at 2014-03-02 17:26
104才というご長寿は、やさしいお人柄に対する
神様からのご褒美だったのかも知れませんね。
まどさんのことは知らなくても、これから先もず〜っと
子供たちに歌い継がれていくことでしょうね。

明日は桃の節句。
お雛めぐりも、楽しい行事ですね。
Commented by usatyu4 at 2014-03-02 17:51
こんにちは いろいろな作品を見せてもらって、楽しく見せて
もらっています。お雛様も賑やかですね。
やはりここは奈良だなあ~と感じました。
Commented by rabbitjump at 2014-03-02 20:50 x
まどみちおさんのうた、素敵ですね~
ご冥福をお祈りしながら、、
ぞうさん、ぞうさんの歌を孫に歌っています。
ひな祭り、毎年のことなのに心華やぐいます。
年を重ねても女の子?^^

↓、リクちゃん、13才、愛いっぱい受けての
お誕生日おめでとうございます。こちらもほほえましく拝見です(*^_^*)


Commented by souu at 2014-03-03 05:37 x
おせっちゃん 様
童謡は作詞者を意識しなくっても口ずさんでいます。「無」から生まれるもの
って その人が出ますね。何気ない詩は素晴らしいです。
Commented by souu at 2014-03-03 05:40 x
かっちゃん !
みっちゃんは歌声に喜ばれるでしょうネ。
最近は 何処の街も同じような催しが増えましたね。かっちゃんは思い出が
いっぱいあって良いですね。
Commented by souu at 2014-03-03 05:44 x
yocco さま
作品を書く時は作者を気にしますが 子供が幼かった頃、作詞者まで気にせず
歌っていましたが良いなぁと思っていたものの中に多かったのですね。 
Commented by souu at 2014-03-03 05:47 x
fuchan さま
成る程!そういうものなのかもしれません。
こうして後の世に残せるお仕事って良いですね。

雛まつりも毎年同じだと思っても やっぱり女の子なのでしょうか?
Commented by souu at 2014-03-03 05:51 x
usatyu さま
有難うございます。展覧会場へ行くと判らない漢詩や読めない仮名作品ばかりだ
と言われますが 書道も色んな見せ方があるのです。これからも挑戦しますので
ご覧ください。遠くへ行き難くなり近場の事が多くなりました。奈良の匂いがしますか?
Commented by souu at 2014-03-03 05:56 x
rabbitjump さま
ぞうさんの歌は「母さんも長いのよ」って出てきそうで書けない詩ですね。
この何気ない優しさ、素晴らしいです。
お雛様も見て下さる方があって飾れるのです、我が家はもう何年箱の中でしょう?
リクは歩けなくなったことで色んな病気をしましたので齢を重ねる喜びは大きいです。
Commented by taaachan-55 at 2014-03-03 12:26
お久しぶりです。訪問出来ずにいました。

窓がお好きだから「まど」さんだったと、
宇宙観をもってちさきものにも心寄せたやさしい方 大好きな方でした。晩年の詩集 読んでみたいです。
今日はお雛様も多彩で楽しくなりますね。
Commented by souu at 2014-03-03 16:25 x
taaachan さま
人の「窓」になりたいと名付けられたそうですが 心に明るい窓があって 
みんなが見過ごす大事なものを、ちゃんと見てくれている。ってあの詩からも
感じられますね。お雛様が全国を賑わしてますね。
Commented by asayannj at 2014-03-04 19:03 x
まどみちおさん 多くの人に親しまれた詩を残されましたね。
残念です。
そちらにもユニークなものや古いお雛様が沢山
ひな人形は和みますね。
Commented by souu at 2014-03-04 20:12 x
asayannj さま
お人柄を感じる優しい詩は良いですね。
雛まつりも まだ3回目ですが参加者が増えましたので変わったものも
出るようになりました。
Commented by bh2005k at 2014-03-04 23:53
おひな祭りに ひと足遅れてしまいましたが、素敵な作品を観ることができて よかったぁ。
まどみちおさんの作られた詩なんですね、たくさんの詩を残されていつまでもみんなの心に残ることでしょう!

大和の文字に お雛さまが良く似合いますね。
ステンドガラスのお雛さま、みてみたいな♪
Commented by souu at 2014-03-05 05:51 x
bh2005k さま
高価なお雛様、古い古いお雛様、様々ですがステンドグラスのは楽しんで
作られたものなのでしょう。115もの参加がありましたが全部はとても見られません。
まどさんのこの詩 良いでしょう。タペストリーのイメージにピッタリだったので
一部分お借りして作品にしました。
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30