玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

お雛様の頃に

d0330311_1602376.jpg
「さくらのはなびら」  まど みちお

えだを はなれて
ひとひら

さくらの はなびらが
じめんに たどりついた


いま おわったのだ
そして はじまったのだ

ひとつのことが
さくらにとって

いや ちきゅうに とって
うちゅうに とって

あたりまえすぎる
ひとつの ことが

かけがえのない
ひとつの ことが


まど・みちおさんが亡くなった。104才。年齢に不足はないと言えども大好きだった人が この世からいらっしゃらなくなるのは寂しいものだ。
「身の回りの不思議を探すのが大好き」と話されていたという、100歳を超えても創作意欲は衰えなかった
まどさんを見習いたい。
天井から床スレスレまである長い このタペストリーは 数年前、我が社中展に出品したもので 丁度桜の花が咲く頃だった。

d0330311_16205266.jpg


d0330311_16213582.jpg3回目となる「大和な雛まつり」が開催中である。
大和郡山の旧市内に広がる商店や会社、神社、お寺、個人の家などが参加したイベントだ。
多くの雛段の他に 赤膚焼の窯元やパン屋さんの店先には 個性的なお雛様が飾られている。

d0330311_16323889.jpg






「旅まぐ」というメールマガジンには お雛様飾りの催しが 
← 載せられている。
わが市は こんなに多くのお雛様を集める場所はないのだろう。日本中、この時期 このような催しで賑わっている事だろう。

d0330311_1651276.jpg

d0330311_1652761.jpg

d0330311_16522945.jpg

今年は ステンドグラスのお雛様が初めて並べられた。淡い光に照らし出されたお雛様は美しい。
お内裏様とお雛様の並び方が関東と関西では違うが この2体は作者が違うからだろうか?
個人で こんな参加の仕方もあるのだ。雛を題材に書の作品を展示するのも良いかもしれない。などと思いながら 雛めぐりをした。
[PR]
by souu-3 | 2014-03-02 06:48 | 書道
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31