玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

歌碑

d0330311_16572119.jpg

d0330311_16575097.jpgクリスマスという名前が付くのに いつもX'masには咲かない花だと文句ばかり言っていると 今年はまぁ頑張って1月に咲いた。

クリスマスローズという呼称はクリスマスのころに開花する「ヘレボルス・ニゲル」だけを指した呼称だとネットにはあった。
日本の園芸市場では「レンテン・ローズ」と呼ばれる「ヘレボルス・オリエンタリス」なども「クリスマス・ローズ」の名前で出回る。20世紀後半の品種改良は主にイギリスでヘレン・バラードや、エリザベス・ストラングマンによって進められた。「クリスマスローズ」という呼称も「イギリスのクリスマス」に開花するという意味である。とも書かれていた。
え!?イギリスのクリスマスって何時?
また、検索したが誰もが知っているクリスマスと違う時期だと出ているものはない。
更に調べるとイギリスの気候で毎年クリスマスの時期になると咲きだすのだと。イギリスではクリスマスの時期に咲くのか?
成~る程!


先日、歩いた道で見かけた歌碑
d0330311_16593821.jpg

夜麻登波 久邇能麻本呂婆 多多那豆久 阿袁加岐 夜麻碁母禮流 夜麻登志宇流波斯

倭は国のまほろば たたなづく青垣 山隠れる倭し麗し 孝書   《古事記中巻》

d0330311_16565198.jpg
野絶魔俱你都魔々祁哿泥底 播屡比能哿湏我能俱你々 俱波絶謎唯阿利等枳々底

八嶋国 妻まきかねて春日の春日の国に麗し女をありと聞きて真木さく檜の板戸を押し開き我入りまし時 
中大兄皇子御製


d0330311_19413456.jpg

あし引の山行きしかば やま人のわれに得しめし山つとぞこれ
=山道を歩いていたところ たまたま逢った山人が 私にくれた山の土産である これは=
元正太上天皇が 山村に行幸した時に詠まれた

d0330311_19522890.jpg

あし引の山に行きけむ 山人の心も知らず山人や誰

=そもそも山にお住いのはずの仙女様であられる陛下が山へ行かれたとか仰る山人とは 誰のことでしょう=

二首の歌は元正上皇が詠んだのに対し、舍人親王が上皇御自身が山の仙人なのだから、わざわざ山に入った意図が分からないし、目の前にいる上皇御自身は確かに仙人だが、山の中にいた仙人と云うのは一体何者だろう」と戯れた。「山人」は「仙人」の意。
この2基の碑は 山村御殿(円照寺)近くにあった。

d0330311_2032454.jpg

玉砂利の奏楽めくや初詣  阿波野 青畝






d0330311_20234152.jpg

なら記紀・万葉シンボルイベント
第1回 古事記朗唱大会

古事記の好きな一節を 自分の好きなように詠むイベント

日時  
 平成26年2月22日(土) 10:30~16:00
会場  
 奈良県新公会堂 能楽ホール

☆ このイベントに出ることになった。
[PR]
by souu-3 | 2014-01-29 06:53 | 奈良 | Comments(16)
Commented by おせっちゃん at 2014-01-29 08:40 x
万葉や古事記の詩は、直截的で、心がそのまま表現されているようで親しみがわきますね。時代が下がって、新古今などの、技巧を凝らした詩はそれはそれで素晴らしいものですが、純朴と言えるようなこちらの詩が、心に触れます。
Commented by oss102 at 2014-01-29 10:24
クリスマスローズは雪の下から顔を出すと、もう蕾をつけています。丈夫な花ですね。雪が降らなければクリスマス頃には咲くのかも。
古事記朗唱・・・聞くがわよりも朗誦したい気持ち。^^
Commented by hemi-kame2 at 2014-01-29 19:39
古事記朗唱大会、面白いイベントがあるのですね。
↓古き街道や伝統行事のblog記事だったので拙い文語調?で書きました。
“都近くの神事”とは京の都の近くの春日大社のとんどを指して書いたつもりです。
“古の都近くの神事”と書けば良かったですね
古都に縁深き春日大社の行事の命名に正しい由緒があるのじゃないかなぁ、それはどんなものなのかなぁと。
Commented by yocco at 2014-01-29 20:34 x
奈良は歌碑が多いですね
その歌を、当時を想像しながら楽しめる景色があるからいいですね
クリスマスローズ・・ 早いですね
我が家はまだ小さな花芽だけです
去年はほとんど面倒を見られなかったから仕方がないのですが・・
Commented by asayannj at 2014-01-30 10:06 x
ガーデニングに興味の無かったころはクリスマスロ-ズの名前さえ
知りませんでした。最近は色んな種類が増えましたね~。

古道を歩けば 句碑に出会える奈良 詠まれた人の気持ちを
感じながら良いですね。
Commented by souu at 2014-01-30 10:21 x
おせっちゃん 様
やはり時代の違いが如実に出ているのですね。私たちが生きている間でも
言葉や色んなことが変化しているように奈良時代と鎌倉時代では違うのでしょうね。
Commented by souu at 2014-01-30 10:25 x
oss102 さま
そちらでも もう蕾を付けているのですね。雪の下から顔を出すって可愛いですね。
雪は殆ど降らない当地では見られないことです。
oss102 さんが朗誦されると良いでしょうね。私は皆さんと一緒に。
Commented by souu at 2014-01-30 10:34 x
hemi-kame さま
理解が悪くってごめんなさい<m(__)m>
お気を遣わせてしまいましたネ。申し訳ありません。
Commented by souu at 2014-01-30 10:35 x
yocco さま
[奈良市に万葉歌碑を建てる会]が頑張っているのもあるかもしれません。
友達が応募したのが高の原の近くにあります。
クリスマスローズは我が家も手入れが行き届いていないのですが ここ数年より
今年は早く咲きました。でも、これ以外は未だなのですが。
Commented by souu at 2014-01-30 10:39 x
asayannj さま
種類の多い花ですね。その違ったのを集めるのが夫は好きなのです。
これから ボチボチ咲くのは楽しみですね。
道を歩いて変化がないと長く感じますが 歌碑などを見ながらだと歩き易いですネ
Commented by マロン at 2014-01-30 11:00 x
下ツ道を行くシリーズ読ませていただきました。
いたるところに歌碑や句碑があってやっぱり奈良はいいですね。
いろいろお勉強になり、嬉しいです。

クリスマスローズ早いですね。 我が家はまだまだです。
最近、孫育てが忙しくて花の手入れが行き届いてなくて。。。
Commented by souu at 2014-01-30 11:22 x
マロン 様
ご覧いただき有難うございました。当時はどんなお店があったのか想像しながら
歩くのは楽しいです。今は碑を読みながら歩いています。
クリスマスローズは これからですね。特に早かったのは これだけですが。
Commented by kattyan62 at 2014-01-31 12:17
まほろばを辞書で調べました。石碑が在っても読めないから”何やろか”で終わりですが、知りたいってのを教えて頂いたことがありましたよね。読めないとこへ古語ともなれば素通りしたくもなりましょ?
けどですね、絶対信頼のおける教師としてsouu先輩、今後もよろしくだぞ。 
Commented by souu at 2014-01-31 14:43 x
kattyan
まほろばは素晴らしい住みやすい場所!?そうですか?
今は そう思っていますが正直長く好きではなかったのです。
ここに住むようになったのは家を購入するのに予算の都合で来たからです。
歌碑だけでなくTVを見ていても 軸や額の字が気になります。ヘンでしょ。
Commented by kattyan62 at 2014-02-01 20:09
先輩、職業病って言葉がありますね。友人のピアノ調律師とピアニストの奥さんが言うには、うっかりピアノの音を聴くとイライラするんだそうですって。
海外からの最高のピアニストが彼の店の常に調律したスタンウエェイで練習しているのを耳にした後で街のピアノ教室の音には我慢が出来ないそうです。美味しいものを口に慣れるとフードコートのB級ランチには不満が出るってもんでしょう。つまり、その道を貫いた人が持つジレンマで、先輩が下手なくせに自慢げに書いた文字を観ると・・・・でしょ?
Commented by souu at 2014-02-02 05:54 x
kattyan !
何度もコメント有難うござんす。
「耳」はさっぱりダメなようで いや、その道の事が判らないだけでしょうけれど
音の違い、味の違いも判っていないですね。書の良し悪しは判らないと
仕事になりませんが 今日もその仕事に出かけます。でも歌碑や軸の字が
自慢げだとは思っていないです。夫々の個性ですものね。
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31