玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

下ツ道を行く 4

稗田の環濠集落を通り平城宮羅城門跡へ佐保川沿いに 北へ進む。
d0330311_1438557.jpg

佐保川の清き川原に鳴く千鳥かはづと二つ忘れかねつも
千鳥やかわづが居たのかなぁ?万葉に読まれている「かわづ」は河鹿蛙といわれているが 今はどちらも見たことがない。きっと川の水も今より綺麗だったのだろう。

d0330311_14402561.jpg

奈良時代に、矢田寺参りの分岐点の道しるべとして創設された。周囲に、外部からの災いを防ぐために枳殻(からたち)が植えられたことから、「枳殻(きこく)地蔵」と呼ばれるようになった。

堤防の拡幅工事のため、郡界橋の架け替え工事を行う際に現地蔵堂は平成18年に現在地に移設され 移設前の地蔵尊側にはイチョウの大木と枳殻の木が生えていたが、季節の移り変わりが楽しめたイチョウの大木は 残念なことに移植出来なかったが 枳殻の木は、移設後、きこく地蔵尊にちなんで、苗木が地蔵堂裏側に植えられ 今も春になれば白い可愛い花を咲かせ 秋には実が沢山付く。
d0330311_14404428.jpg
羅城門があった辺りには 古い橋が掛かっていた。
d0330311_1442966.jpg
長い間には橋桁が1本なくなり 危険なため通行禁止になり 新しい大きな橋が架けられ この来生橋は取り外された。
d0330311_1565720.jpg

羅城門から北に朱雀門、大極殿が一直線上である。夜、ライトアップされるとくっきり見える。
(写真は出原氏提供)
この辺りは 30年来、毎朝ウオーキングしている場所である。
長い年月には移り変わりがあったが 古代の人と同じ道を通っているという気持ちだ。

d0330311_1510853.jpg

秋篠川が佐保川に合流するところだが このまま真っ直ぐ3、7K 進みたいが ちょっと細い道からJRと佐保川を越え柏木公園の横を通って多少ウネウネと平城宮址まで一直線ではないが頑張ろう。それが嫌なら 堤防の端にある北向き地蔵から東の国道24号線沿いに進むか 西へ秋篠川沿いにあるサイクルロードを行くことになる。
ここに遊歩道を作ると言う話があり 私は90才くらいになるかもしれないが それまで頑張ろうと思っていた。しかし、最近、そのような話を聞かなくなった。立ち消えていないだろうか。水面下で計画されているのなら良いのだが。              

            【ー下ツ道を行くー お終い】

 





d0330311_13213515.jpg
寒中お見舞い申し上げます

寒の入り(今年は5日)から寒明け(立春まで)までの

一番寒い時期ではありますが 奈良でも朝は特に冷え込みが

厳しく最低気温が14日はー3.7℃(1977年 2月16日ー7.8℃)で

今日が特に寒かったわけではありませんが パソコンを開いて

すぐ目がいく温度計は(-1℃、実際にはー1.9℃)でした。

とても良い天気で お昼間は10℃を越していますが。

お風邪など召しませんように 御身ご自愛下さい。

[PR]
by souu-3 | 2014-01-24 14:35 | 奈良
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30