玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

下ツ道を行く 3

田原本から夫々の自宅を目指して2回目のウォーク
d0330311_171020100.jpg

田原本の町役場の前には 鍵遺跡からの出土品をイメージしたもののモニュメントが展示されている。

d0330311_17122227.jpg

鏡作坐天照御魂神社(かがみつくりにますあまてるみたまじんじゃ)
ここでは親切な方が「案内しましょう」と自転車を止めて神社の中へ入らせて下さった。

d0330311_17154439.jpg
d0330311_195211.jpg
赤い鳥居をくぐり進むと社殿、拝殿、その後ろには垣に囲まれた三棟の本殿がある。

己の魂が宿るものとして最も崇敬した鏡類を製作鋳造することを業としていた鏡作部が、この地一体に住居し、御鏡(天照国照彦火明命)並びに遠祖(石凝姥命)を氏神として開いた神社である


← 大きなエノキには寄生木が見える。
寄生木はエノキ・ケヤキ・クリなどの樹上に寄生するもので枝は丸く緑色で,叉状に分枝して全体球形に茂る。

d0330311_1984060.jpg

首切り地蔵
この地に美人で親の手助けをし、ひたすら仕事と学ぶことを楽しんでいたユキさんという娘がいた。年頃になり嫁に欲しいと言う若者が多かったが色よい返事をしなかったので 月の夜ユキさんを殺そうと寝ている時、首をめがけて鉈(なた)を振り下ろそうとした。すると石の地蔵さんの首が落ちていた。
そのお地蔵さんだという。

d0330311_19282150.jpg

安養寺
寛永10年(1633)に創立され源蓮社宝譽上人が開山した。
大きな赤い提灯には「献燈」と書かれている。上の方に「献」その下の字が火ヘンは判るが旁が草書体で判り難い。

d0330311_1935092.jpg

d0330311_194161.jpg今里橋 大和川船運の寺川筋の船着場「今里の浜」
鉄道交通が発達するまで大阪と大和の物資交易を行うための物資の荷揚げ場だった所のようだ。

下ツ道の通りの中でも 田原本町はカラー舗装をし鍵遺跡などの表示板が道路に埋め込まれている。
道の端の方には この今里の浜を行き来する舟のイメージを描かれたものも埋め込まれ 判り易くなっている。
この絵柄は町役場に問い合わせると 今里の浜との返答であったが 唐子・鍵遺跡の書物に同じ絵があった。
橿原市、田原本町、天理市、大和郡山市と続く下ツ道の中でも 立派な町役場やこうした表示板など整っているのは田原本ではないだろうか。近くに住んでいても全く判らなかったが 歩いてみて初めて気が付いた。


d0330311_19581760.jpg

大和川と布留川の合流地点まで来ると 天理市である。

d0330311_2045030.jpg

二階堂の由来になったらしい 二階堂地蔵
聖徳太子の妻・膳夫姫(かしわてひめ)が養母の菩提の為に建立した膳夫寺の跡地に建てられたお堂で そのお寺が二階造りに似ていたため「二階堂」と名付けられたという。

天理はホンの一部分しか通らないが 間もなく大和郡山市である。

d0330311_20104537.jpg

嫁取り橋
花嫁が通ると大蛇にとられてしまうという伝説が残る。
恋をした18歳のこまのは 池に映る姿を本物と間違えて落ち命を落とした。こまのは大蛇と化し 若い女性への嫉妬のあまり この橋を通る花嫁行列を襲ったという。

段々、見慣れた景色になってきた。
進むほどに 地元の学校が見え、東の山も西の山も家から見るのと変わらなくなってくる。

この日は稗田の環濠集落まで。
d0330311_2018526.jpg

4人の元若者は無事到着!


この続きは毎日歩いている道へと

【続く】
[PR]
by souu-3 | 2014-01-22 20:30 | 奈良 | Comments(10)
Commented by 星田直彦 at 2014-01-23 09:49 x
おはようございます。
「下ツ道を行く」のシリーズいいですね。

近くにいながら、興味を持ちながら、実際に歩いたことがありません。
楽しく読んでいます。

私なら見逃してしまうようなところも、souuさんの解説でよく理解できました。

ありがとうございます!
Commented by kattyan62 at 2014-01-23 10:56
ウォーキングって足腰に不具合が無いからできることで、健康な身体を頂いたご両親に感謝していますか? 先輩の事だから時に折りに感謝されていると信じています。
ケケケ、先輩にも判読出来ない文字があるのって嬉しい!! 文字をイメージして創作し公の場に出すのって遊び心なんでしょうかね。大和郡山、当麻寺を通って長谷寺界隈へドライブは土筆の出る頃の習慣になっていた事、春の土の匂いを思い出しています。
今日は受診予約日、自転車を止めて歩く事にし、両親へ無条件の感謝の合掌をするとします。先輩の影響受けるなぁ〜
Commented by souu-3 at 2014-01-23 11:22
星田直彦 さま
有難うございます。近いと却って行けないものですが毎日見ている山も
違って見えたり楽しいものですね。
それにしても田原本の町役場は立派ですが 郡山は60周年というのに
財政は困難なのでしょうね。
Commented by souu-3 at 2014-01-23 11:29
kattyan !
そうでしょうね。色々不具合もありますが足と 歯は絶対親のお蔭だと思います。
あの提灯でしょ。燈の登の部分 上半分が判らなかったのです。帰宅後
お寺に電話しました。たったこれだけ書くのに時間が掛かります。
歩くのは良い事ですよ(^o^)/ でも、お気を付けて❢
Commented by おせっちゃん at 2014-01-23 16:39 x
大和の奈良ですから、歴史的な見どころがあるのは当然なのでしょうが、土俗的な言い伝えもあるのですね。面白いです。
それにしてもよくお歩きになります。
Commented by yocco at 2014-01-23 20:00 x
安養寺の副住職・松島 靖朗 師の法話を伺ったことがあります
お寺を継ぐのが嫌で、普通を求めてIT業界で働いていらしたそうですが
体調を崩した時、自分にとっての普通は仏教に帰依することだと気付かれたそうです

唐古・鍵遺跡の帰り、思いつきで安養寺さんを訪れたのですが
事前の予約をしていなかったので快慶作の阿弥陀如来像を拝観出来ませんでした
Commented by souu at 2014-01-23 20:24 x
おせっちゃん 様
神社やお寺も多いですね。
伝説は恋が絡んだものが多いのですね。
歩くのは疲れもなく・・ですが行く前に調べ帰ってから調べたりするのが
疲れます。
Commented by souu at 2014-01-23 20:31 x
yocco さま
ここの住職さんもご多忙なようで この日お出かけでした。檀家さんでしょうか
出てこられた方も阿弥陀如来像は1度しか見たことがないと言われてました。
良いお顔されているようですね。80㎝ほどだそうですネ。
Commented by murataです at 2014-01-24 07:02 x
souuさん

下ッ道シリーズ、楽しみに見ています。
田原本の役場に展示されているのは、鍵遺跡の何でした?
以前に、この辺りをバス旅行で訪れたことがあり、大変懐かしいです。
続きも期待しています。
Commented by souu at 2014-01-24 14:10 x
murata さま
有難うございます。このモニュメントですが町役場へ電話をかけて聞いたのですが
即答はなく 折り返し返事下さったのですが あまり詳しい事は判りませんでした。
鏡のように見えるのでネットで調べたのですが いくらイメージと言っても
それに近いようなものは見つかりません。鍵遺跡へ行って聞いてくると良いのかも
しれませんが 今は判りません。<m(__)m>
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31