玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

下ツ道を行く 2

d0330311_10595210.jpg
 
東西に横断する横大路と南北に縦断する下ツ道が交差する ここは古代からの交通の要衝だった。
江戸時代になると 横大路を含む河内から伊勢に通じる道は、初瀬街道または伊勢街道と呼ばれるようになり、
下ツ道は中街道と呼ばれ北は平城京の朱雀大路に達し、前回出発した地点をさらに南へ行くと吉野・紀伊方面に通じていた。日本最古の国道ともいわれている。
この2つの街道の交差点が「八木札の辻」で、ここは、近世・江戸時代になると伊勢参りや大峰山への参詣で大変賑わった。
d0330311_11272223.jpg

ここに、古い旅籠が残りそのうちの一軒が「東の平田家」として橿原市指定文化財に指定されている建物で橿原市に寄贈され、改修工事を経て、平成24年7月に八木札の辻交流館として一般公開されている。
d0330311_11364155.jpgd0330311_1132632.jpg

嘉永6年(1853年)に描かれたという絵図には賑わいが描かれている。
高札の脇にある六角形の井戸は半分になっているが この通り現在も残っている。
d0330311_1150067.jpg高札(こうさつ)とは、古代から明治時代初期にかけて行われた法令を板面に記して往来などに掲示して民衆に周知させる方法であるが 奈良市の三条通、南円堂の階段を下りた辺りにも 残されている。
これは 時代劇などでも見かけるが Wikipedia によれば「明治7年(1874年)に廃止され2年後には完全に撤去されたようで 明治維新とともに法令が一変して、手続が追いつかない」と書かれていたが 時代と共に世の中の移り変わりが こんな所にも感じられる。
 この建物の中は
d0330311_13265067.jpg

d0330311_13273592.jpg玄関を入り 今でいう帳場のようなところで手続き?をし 宿泊は2階へ上がる。

1階は この家の住まいだったらしい。

急な階段は当時の材木を残してあるので立ち入り禁止。
別に作られた階段から上って見学出来る。
2階には客間が6部屋、広間が2あり ここから屋根越しに耳成山が望める。



赤いポストのある部分が交差点である。
   ↓


d0330311_13275776.jpg

d0330311_132817100.jpg

d0330311_13285676.jpg

部屋の欄間は 伊勢への道であったからだろう。二見ヶ浦や伊勢の海を表す波や松林などが描かれている。
d0330311_1330895.jpg
d0330311_1330374.jpg
一つ、非常に気になったのが
掛け軸である。

「松菊猶存」
谷 三山書(釈斎の落款がある)
江戸時代後期の儒者で 通称 新助、のちに昌平と改める。三山は号、別号は、淡庵、淡斎、釈斎。
八木村(現在の八木町)の米屋などを営んだ商家倉橋屋に生まれたが、幼い頃目と耳を患い、聴力を失ったが その見えない状態で書かれたものだという。
三山の卓越した学識を認めた頼山陽や吉田松陰など幕末の知識人とも親交があったようだ。


d0330311_13312253.jpg

松尾芭蕉も この地で宿泊しているらしい。
「草臥(くたび)れて 宿かる比(ころ)や藤の花」
1688年 八木町に一泊しているが八木町の旅籠の発展からして この辺りであろうと思われている。

d0330311_1332333.jpgd0330311_1722898.jpg
ここより下ツ道をさらに進む。この道標の側には 多神社の一の鳥居がある。
この神社がある笠縫を越え 田原本へ。



残念ながら家庭の事情で早めに帰宅しなければならない。

d0330311_1463398.jpg
この日は 25,710歩 12.8Kであるが 

この続きは後日、ここから歩くことにした。


 

【 続く 】
[PR]
by souu-3 | 2014-01-20 07:57 | 奈良 | Comments(24)
Commented by kattyan62 at 2014-01-20 10:01
あいや〜2万5千歩も?
幕末から明治へ移行する際、中央に席を置く人たちの思いを知る毎、単に日本人の新しい物好きってことでなく、西欧諸国の文化文明に強い憧れと遅れを認識した結果なんでしょうね。明治天皇も率先して洋服を身にまとったとか。国民がワラジを履いて日露戦争に突入した事など名誉を重んじ、血筋、家柄を尊ぶ国民性と静かで争いを嫌う一方で名誉のためには命さえって・・・僕には微塵も無いなぁ〜 ガクッ
Commented by housui303 at 2014-01-20 10:37
知的好奇心をもって頭を使い、さらに歩いて運動にもなる。
素晴らしいですね。
さすがに歴史の重みを感じます。
奈良は歴史的な遺産が沢山あって紹介してくださるので、楽しみに見ています。
Commented by hemi-kame2 at 2014-01-20 10:42
“街道のゆくえ”が面白いです。
もうかれこれ40年前でしょうか、司馬遼太郎の「街道をゆく」を週刊朝日でたまあに読んでました。
ふと、「街道をゆく」を思い出しました。
Commented by souu at 2014-01-20 14:52 x
kattyan !
毎日、ウオーキングとイオンモールの中を歩くだけで10.000歩を越えますので
多いとは思わないのですが札の辻で親切な説明が楽しくここでお弁当を食べ
1時間以上居ましたので帰宅時間になってしまいました。明後日続きを歩きます。
kattyanだけではないでしょう。TVや映画でしか知りませんが現在の人達には
出来ない事ですね。
Commented by souu at 2014-01-20 14:58 x
housui さま
夕べ、アルツハイマーのTVを見たのですが計算(暗算で引き算)しながら
歩くと良いと言ってました。でも、車にはねられるのも川へ落ちるのも嫌ですね。
勿論、体育館などでやるべきでしょう。長生き出来るのは良いですが大変ですね。
Commented by souu at 2014-01-20 15:56 x
hemi-kame さま
このタイトルの付け方はパクリですね(^_-)司馬遼太郎さんを支え続けたと言われる
奥様は私たちの学校の先輩です。ご自宅も実家に近いので勝手に近しく思っています<(_ _)>
Commented by おせっちゃん at 2014-01-20 18:44 x
souu 様、ずいぶん歩かれましたね。往時の人々は草鞋履きで何日も歩いたのでしょうね。ご紹介していただいて想像が広くなります。
Commented by amamori120 at 2014-01-20 22:35
souu先生  こんばんHA
たしか我が郷里 名張 にも 初瀬街道が通っていたやうなぁ ♪
Commented at 2014-01-20 22:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by souu at 2014-01-21 05:21 x
おせっちゃん 様
当日は予定の半分を歩いただけで時間切れでした。25K一気に歩ければ良いのですが。
草鞋よりスニーカーの方が楽でしょうね。ご覧いただき有難うございました。
Commented by souu at 2014-01-21 05:23 x
amamori さま
現在の国道165号あたりでしょうから桜井市、宇陀市、名張市、伊賀市、津市、
松阪市を通るのでしょうね。
Commented by souu-3 at 2014-01-21 05:25
鍵コメさま
こちらこそ いつも有難うございます。
Commented by すみれ at 2014-01-21 07:14 x
souuさん  おはようございます。
この冷たい中、よくぞ歩かれましたねぇ。
感心しますワ。
何だか、パチリしたくなる雰囲気ですねぇ。
いい感じです。

毎日、一万歩を目標にしていますが、整形外科医からは歩き過ぎと注意されました。
せめて、5000から8000と。
でも、興味があると歩いてしまいますねぇ。
私も、行こうかな?
Commented by yuu at 2014-01-21 11:22 x
凄~いですね
25,710歩も歩かれお疲れがでませんでしたか?
画像をアップされたところを勉強しながら歩かれるとまだまだ
歩き足りないのでは?
田圃の中を歩くのとは大違い・・
奈良ってほんとに良いところですね
Commented by うさこちゃん at 2014-01-21 11:49 x
こんにちは 写真に載っている古民家は、私も街歩きをしていて
欲見る家です。昔の家はだいたい同じようでなあというのが
わかります。souuさんもよく歩かれるのですね。
25,710歩はすごいです。
Commented by kattyan62 at 2014-01-21 13:16
先輩からは色んな病菌が逃げてしまいそうですね。感染したインフルエンザ菌に同情してしまいそう。
太腿の前の筋肉が膝を護っているそうですし、着地、蹴り出すのが脳に刺激を与えるんやそうで寝た切り、認知症にも縁が無さそう。アルツハイマー病は運動で回復するんやそうですよ。お知り合いには居られないでしょうが歩く方法を覚えておくとええと思うとります。先輩に負けんように歩くにはええとこやねんけどなぁ〜
Commented by souu at 2014-01-21 17:07 x
すみれ 様
暑い時は歩けませんが 今は歩くと温まりますので歩き易いです。
歩くのもあちらを立てればこちらが立たずですね。本来は一度に歩ける
距離なのですが 何しろ待ち人(犬?)がいますので2度にしました。
Commented by souu at 2014-01-21 17:10 x
yuu さま
本当はゆっくり寄り道したいのですが 時間が許しません。
面白い所もあるのですが 坦々とした所もあります そこはお喋りで
穴埋め?です。
Commented by souu at 2014-01-21 17:13 x
うさこちゃん 様
わが市は城下町ですが この辺りと左程変わらないかもしれません。
日本中がそうなのでしょうか?
昔は山を、今は平坦で電話が掛かると すぐ帰宅出来る所を歩いています。
Commented by souu at 2014-01-21 17:17 x
kattyan !
インフルエンザには罹ったことはありませんが 去年、ノロに遣られました。
認知症は判りませんよ。最近、特に「あれ!アレ」が多くなりました。名前が
さっぱり出てきません。暗算をしながら歩くんですね。計算に弱いので・・ね!
Commented by yocco at 2014-01-22 18:34 x
大和三山を歩いた時に八木の街も歩いたのに八木札の辻交流館には気づきませんでした
一般公開される以前とは言え、古い旅籠の外観だけでも見られたでしょうに・・ 残念
隣駅の近くにも「札の辻」と言う名称が残っていますが、このような意味があるとも知らず、勉強になりました

心願成就したお札は、やはりお礼参りを兼ねてお札をお返しした方がよろしいかと・・ これも私の個人的な判断ですが
Commented by souu-3 at 2014-01-22 20:41
yocco さま
ここは面白かったですよ。また、是非お越し下さい。
お札の事 有難うございました。今度お礼参りに行ってきます。
Commented by kattyan62 at 2014-01-23 11:03
インフルエンザに侵されたことが無い? 
僕は喘息が酷くなるんです。インフルエンザで入院し、見舞いに来てくれた娘の家族から別の型のを移され、退院直後に再入院した事があるんです。ネコがくしゃみしても風邪をひいてた軟弱さ。今は随分と強くなったんですよ。
Commented by souu at 2014-01-23 20:51 x
kattyan !
ネコがくしゃみしても・・・大変ですね。お見舞いは気を付けないといけないですね。
kattyanは喘息の持病があるから 余計大変なのですね。
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30