玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

下ツ道を行く 1

d0330311_5414058.jpg

大和の古道は奈良盆地の東に「山辺の道」奈良盆地の中央より東を南北に平行する三本の縦貫「大和三道」東西に平行する二本の横断道「横大路」中央部を斜め(北北西-南南東方向)に通る道「筋違道」があった。

その大和三道である上ツ道、中ツ道、下ツ道の内「下ツ道」近くに住む4人の若者?がここを歩くことにした。
d0330311_5504323.jpg

最寄駅から岡寺駅まで電車で約30分。ここから徒歩で25Kほど北へ行くと平城宮址である。
d0330311_554197.jpg

d0330311_601714.jpg丸山古墳(見瀬丸山古墳)は6世紀後半に築造されたと推定されている前方後円墳で、欽明天皇と堅塩媛の陵墓との説もある。
この辺りから下ツ道を出発!


← 万葉ホール敷地内に碑がある。
裏面には「飛鳥に宮がおかれ、京と外界を結ぶ大路とし築かれた下ツ道は奈良盆地を縦貫し、藤原京と平城京を成立させた。二つの京を誕生させたこの道は現在そして未来へ連綿と人々が行き来する道である」と書かれている。



d0330311_682970.jpg

左に畝傍山を

d0330311_694537.jpg

車の多い道を通り 神武天皇陵へは寄らず只管歩く。
d0330311_6101447.jpg

お喋りしながら歩くと何時の間にか ドンドン北へ進み 藤原宮跡を通り
d0330311_6103477.jpgふと、左手を見ると神社の こんもり茂った木々に魅かれて 寄ってみる。

正面ではなく横というのか裏なのだろうか?可愛い小さな鳥居があった。

正面には立派な鳥居もある。
鷺栖神社
中臣氏の氏神として祀られていた神社で、飛鳥の鳥形山(現在の飛鳥坐神社が鎮座する山)にあり藤原宮遷都の際に持統天皇が藤原不比等の助言で分祀したといわれている。



d0330311_6251156.jpg

さらに 進むと右手に耳成山

そして
d0330311_6261792.jpg

下ツ道らしい 古い街並みに
d0330311_627579.jpg

横大路との交差点に到着
「八木札の辻」この辺りは元々宿場町であったらしいが その面影のある建物は4軒ほどらしい。

ここからは次回に続く
[PR]
by souu-3 | 2014-01-18 06:32 | 奈良
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31