玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

古代の舶来動物

d0330311_2013649.jpg

今日は元興寺文化講座の3回目「古代の舶来動物ー牛馬から駱駝まで」
文化財研究所所長の話は実に楽しい。先生に対して失礼かと思うが 考古学が大好きで話し出すと止まらないという感じだ。
その話しぶりに引き込まれ あっという間の2時間。

d0330311_2154994.jpg


数十年前は何処にでも居た牛や馬も 古代の日本には居なかった。その牛馬が何時頃、どういう経緯で日本にやってきたのか?魏志倭人伝には、日本には牛馬がいなかったことが明記されている話から始まり駱駝や象、サイなどの話にも及んだ。

歴史は不勉強でよく判らないが 新羅を攻めた時に略奪した戦利品が日本の在来馬のルーツというのを 何処かで読んだような気がするが それに似たような話だったように受け止めたが 聞き違えているかもしれないし 聞いた話を上手く纏められないので省略するをお許しいただきたい。

時として犀角の話になったり 玉蘂(ぎょくずい)や胞衣壺(えなつぼ)の話になる。
胞衣壺は、胞衣(人間の胎盤)を埋納する際に納める容器(壺)のことで生まれた子供が健やかな成長や立身出世を祈り 家の間口や土間に埋納する習俗のことで、胎盤とともに銭貨5枚を上に向けて埋納する。
それを発掘された時の話は 興味深く 多岐に渡る話に夢中になっている自分に驚く程だ。

今回も楽しい時間を過ごしたが、4回の講座も残すところ後1回(12月25日)となった。早い!!!
[PR]
by souu-3 | 2013-11-27 21:36 | 奈良 | Comments(16)
Commented by おせっちゃん at 2013-11-27 23:00 x
小学一年生、敗戦、教科書を墨で真っ黒に塗りつぶした。歴史は一切授業から排除された。そんなことのトラウマか、歴史に弱い私です。
でもこの歴史のお話は面白そう、引き込まれそう。
Commented by souu at 2013-11-28 05:39 x
おせっちゃん 様
トラウマ そういう事なのかもしれません。が、私は記憶力が悪く歴史と
云えば年号を覚えるものと思っていたので苦手でした。でも、体験談を
聞くと引き込まれますね。学校では先生も専門ではないのでそこまでは
無理でしょうけれど こんな授業だったら違ってたかな?と思います。
Commented by asayannj at 2013-11-28 10:32 x
牛や馬・犬・鶏などは何時頃からいたのだろうと
考えたこともなかった~~(汗)
言われてみれば知りたくなります。
興味深い講座は楽しいですね。胞衣壺の事も初めて知りました。
Commented by yocco at 2013-11-28 14:44 x
在来種と呼ばれる牛や馬が卑弥呼の時代にはまだいなかったなどと想像したこともありませんでした
souuさんならずとも、もっともっとお話を聴きたくなります
まほろば館での講座も同じですが
申し訳ないけれど上まぶたと下まぶたが仲良くなってしまう先生も、たまにいらっしゃいます(笑
Commented by うさこちゃん at 2013-11-29 08:21 x
いままで考えたことがなかったけど、興味がありました。
souuさんのお話で少しわかってきました。
また次を楽しみにしています。
Commented by souu at 2013-11-29 08:44 x
asayannj さま
今あって当たり前に思っているものは沢山ありますが 一々何処から入って
きたんだろう?なんて考えませんよね。発掘されて出てくると色々調べると・・
ってことでしょうか?調べて判ると深みにハマり込みそうですね。
現代は胞衣もお金を払って処分してもらうのが当たり前と思ってますね。
Commented by souu at 2013-11-29 08:47 x
yocco さま
ここには上手く書けませんが 本当はとても面白いお話でした。
午後、空腹を満たして暖かい部屋での講座は居眠りに適していますものね。
Commented by souu at 2013-11-29 08:51 x
うさこちゃん 様
講師も伝えておきたい話は沢山あるのでしょうけれど これを期に興味を持てるのは
有難いです。これで忘れなければ良いのですが今まで聞いた講座も忘れて
いることの方が多いのは残念です。
Commented by KawazuKiyoshi at 2013-11-29 15:31
馬に乗った人たちが日本に押し入ってきた。
この説も、古くなってはきましたが
まだ否定されてはいないようです。
山口には、竜巻警報が数度出ましたが、
幸い竜巻は起こらず、雪が襲ってきました。
本当に寒い冬の始まりです。
庭の薔薇をテーマにして曲が浮かびました。
性懲りもないと笑われそうですね。
はは
お元気で。
今日もスマイル
Commented by kattyan62 at 2013-11-29 17:52
古文、古代史は世界史同様に興味が湧く題材ですね。遠い過去に暮らした人たちも現代人に共通する喜びや苦しみ、悲しみに悩みなど興味は尽きません。ピラミッドを造った人々がムチ打たれて働いたんじゃないと知り、エリザベス・テイラーの映画がウソだったと解った可笑しさが蘇ってきました。先輩が良い体験をされているのに安堵しています。
Commented by rollingwest at 2013-11-29 21:22
日本人のルーツは騎馬民族モンゴルや大陸からの移民(朝鮮経由)が大きなウエイトを占めていますから、当然馬や牛もそのタイミングで渡来しております。騎馬文化は西日本よりは東日本で発達していますね。武人や馬の埴輪の出土傾向を見るとよくわかります。
Commented by souu at 2013-11-30 17:40 x
KawazuKiyoshi さま
諸説あるのかもしれませんね。
山口も雪が降ったのですね。大阪や奈良も降ったようですが 我が家の
辺りは降らなかったのです。でもすっかり冬ですね。
Commented by souu at 2013-11-30 17:43 x
kattyan !
古代のことは「ほんまでっか?」じゃないけれど判らないから面白い。
夢が広がる楽しさがありますね。
映画も夢の世界なのかもしれません。色んな説があるのも良いかもしれません。
Commented by souu at 2013-11-30 17:46 x
rollingwest さま
馬の埴輪は 東日本の方が多く出土しているのですか?
色んな情報を集め 記録にないことを考え議論するのは楽しいのでしょうね。
Commented by amamori120 at 2013-11-30 20:33
イイネ
Commented by souu at 2013-12-01 06:04 x
amamori さま
主夫業って忙しいでしょ。 amamoriさんは奥様孝行ね。
「雨降りだからミステリーでも勉強しよう」ってピッタリな本も読めて良い時間を
お過ごしのようですね。
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31