玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

古代の舶来動物

d0330311_2013649.jpg

今日は元興寺文化講座の3回目「古代の舶来動物ー牛馬から駱駝まで」
文化財研究所所長の話は実に楽しい。先生に対して失礼かと思うが 考古学が大好きで話し出すと止まらないという感じだ。
その話しぶりに引き込まれ あっという間の2時間。

d0330311_2154994.jpg


数十年前は何処にでも居た牛や馬も 古代の日本には居なかった。その牛馬が何時頃、どういう経緯で日本にやってきたのか?魏志倭人伝には、日本には牛馬がいなかったことが明記されている話から始まり駱駝や象、サイなどの話にも及んだ。

歴史は不勉強でよく判らないが 新羅を攻めた時に略奪した戦利品が日本の在来馬のルーツというのを 何処かで読んだような気がするが それに似たような話だったように受け止めたが 聞き違えているかもしれないし 聞いた話を上手く纏められないので省略するをお許しいただきたい。

時として犀角の話になったり 玉蘂(ぎょくずい)や胞衣壺(えなつぼ)の話になる。
胞衣壺は、胞衣(人間の胎盤)を埋納する際に納める容器(壺)のことで生まれた子供が健やかな成長や立身出世を祈り 家の間口や土間に埋納する習俗のことで、胎盤とともに銭貨5枚を上に向けて埋納する。
それを発掘された時の話は 興味深く 多岐に渡る話に夢中になっている自分に驚く程だ。

今回も楽しい時間を過ごしたが、4回の講座も残すところ後1回(12月25日)となった。早い!!!
[PR]
by souu-3 | 2013-11-27 21:36 | 奈良
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30