玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

d0330311_2112661.jpg

和歌山県有田市で開催された展覧会を見に行くため 列車の時刻を調べると JR郡山から箕島まで119.3Kあることが判った。往復買えばジパングが使える。
紀勢線の車窓から 久しぶりに「海」が見えた。
海なし県に住んでいると 中々海を見ることはない。
対岸には 1994年和歌山市沖に造成した人工島・和歌山マリーナシティで開催されたリゾート博の跡地が見える。現在も観覧車が見えるが リゾートマンションやホテルも出来ているらしい。

d0330311_2145914.jpg

箕島駅から 徒歩3分の会場は 初めてだったが判り易い所だった。

d0330311_21153798.jpg今回は「風帆」をテーマに 帆が風を享けて膨らむように 書きたい言葉を各自が考え書作への想いをふくらませ書かれたものだ。d0330311_21271743.jpgみんなの気持ちが入った力作が並び 楽しい展覧会になった。

また、表具も変化に富んだもので 光を受けて浮かび上がる「窓」
今までなら コンセントから引かれた電池ライトから灯りを燈したが 裏にペンライトのような小さいものをのせられるように表具されている。これだけの光で充分 美しい灯りが光る。

また、お軸もデザインは勿論、使われている布が斬新で 古い書道の世界ではあまり使われないような柄である。2つと同じものはない。

書の世界も このように日進月歩するべきなのだろう。


d0330311_21364193.jpgここにも90才を過ぎ 日進月歩された人が居る。

柴田トヨさんである。

16日封切られた映画「くじけないで」を観た。
90歳を過ぎて活力のない毎日を送っていたトヨさんは一人息子の健一から詩を書くよう勧められ、昔を思い出しながら筆を進めるうちに、徐々に元気を取り戻していく姿が描かれている。
今年1月亡くなられたが 生前、好きだった八千草薫さんが トヨさんを演じられた。
この2冊の詩集は発行された時 読んだが忘れていることも多い。今回読み直しておいたが 映画の中で朗読される詩が一層素晴らしく 読み手の良さに感動した。



d0330311_21481817.jpg

この本の中に書かれている「人生いつだって これから だれにも朝は必ずやってくる」一人暮らし20年 私しっかり生きてます。という件がある。
今年の何時までも続く暑さに もう秋や冬は来ないのではないかと思った日もあった。
秋は短かったけれど 冬は来た。

由紀さおりさんが歌う主題歌「わたしのうた」も素晴らしい。
[PR]
by souu-3 | 2013-11-18 09:59 | 書道 | Comments(21)
Commented by asayannj at 2013-11-18 10:57 x
ペンライトの灯りで浮かぶ窓 お店の飾りにも応用できそうですね。
列車の中からの海の写真素晴らしいです。少し走れば海に出会え
る地に住んでますが 違った風景も感動します。
柴田トヨさん役の八千草薫さん 先日NHKに出て居られましたね。
病院へ行く車中でしたので 最後まで見ることが出来ませんでした。
映画観てこられたのですね。
Commented by souu-3 at 2013-11-18 16:51
asayannj さま
最近はLEDになり明るさが以前とは違うのでしょうね。
リゾート博は19年も前だったのですね。すっかり忘れていましたが 西田敏行に
会ったのです。アルバムを探して思い出したのですよ。
このところ、八千草薫やその息子役の武田鉄矢がよく出てますね。それも
あって 主人に観に行く?と誘ったのです。
Commented by kattyan62 at 2013-11-18 20:30
先輩、箕島までねぇ〜 若い頃は箕島に多く在る蚊取り線香工場に空缶を配達するのに初夏には何度も行ったんですよ。妻の晩年には醤油を買いに行ったり、金山寺味噌も本場でってのが妻の考えだったんです。
僕は独りになって11年と3ヶ月。ヤンチャ親父も牙を抜かれて静かな日々(のつもり)
映画館への交通の便が悪く、総てがスカパー頼みなんですよ。田舎ならではの公共交通、脚が自転車で多い坂道に悩んでます。
Commented by kattyan62 at 2013-11-18 21:16
おせ〜てぇ〜
左は窯で右は花カゴ?
そんで二点とも先輩の書?
Commented by souu at 2013-11-19 05:35 x
kattyan !
私の所属している書道の会には和歌山の人も多いので田辺で展覧会をされることもあったのですが 最近はお祝いだけ その出品者に託したり 行けない事が多いのですが主人の体調も良さそうなので大急ぎで行ってきました。
箕島にいたのは1時間足らず。「くろしお」が停車する時間を調べて時間と睨めっこ。
作品は この地の方達のですが 左は「窓」右は「閑吟集」より花籠に月を入れてもらさじ これを曇らさじと持つが大事な、と書かれています。

私も近くに映画館が出来るまで何十年も観ていなかったのですが。
Commented by souu at 2013-11-19 05:52 x
kattyan 追加です。
閑吟集って何じゃらほい?と検索しました。室町時代世捨て人がまとめた歌謡集だそうです。「思ひ出すとは忘るるか 思ひ出さずや忘れねば」なんて歌があるらしく ちょっと面白そうです。
花籠のは 花籠が女で月が男なんですって。男と女の結びつきは、お盆に張った水を、二人で一生持ち運ぶようなもの。わずかなことでこぼれてしまいます。花籠と月は比喩、男女の仲や結婚の心構えについて言っているのだと解釈されていました。
かっちゃんのお蔭で勉強出来ました。
Commented by yocco at 2013-11-19 13:53 x
souuさんはわずかの時間でも上手に使われて、有意義な行動をされますね
ごくごく近所に現代アートの美術館やシネコンがあるにもかかわらず
いつでも行けると思っているうちに、いつも見逃している私です(汗

ヘビウリは食べられないと思います
カラスウリの仲間なので、熟すと空洞になるそうです
花はカラスウリとそっくりでレースのように繊細です
画像のプロパティに、毎回このような情報を書き込んでいるので
ブログの更新がどんどん滞り、お返事もせずに失礼しております
Commented by syo-kunin at 2013-11-19 21:38
SOUU先生、こんばんわ。。。

海は良いですよね~!
見てるだけで飽きません。
八千草薫さん、素敵な女優さんだなぁといつも思います☆
Commented by bh2005k at 2013-11-19 23:31
わぁ~ 和歌山は 行ったことがない地域です、地図を見たら 120km先の目的地までが わかりました。
海を眺めながらの旅は いいですよね。
90歳から何かを始めるエネルギー すごいですね!

すみませ~ん、、、今ごろで 申し訳ないのですが 文中リンクしています。 許可をいただかずに ごめんなさい♪ ペコリ
Commented by kattyan62 at 2013-11-20 00:59
先輩、丁寧にありがとです。
何かとダイレクトな現代に、男女の仲を比喩し、読者に考えさせる辺り、憎いですねぇ〜
都々逸、艶笑噺にもフランス小咄的な小粋なセンスが伺われますね。先輩ご夫婦の若い頃ってどうでした?
Commented by kattyan62 at 2013-11-20 01:05
独り身の半端や連れ恋し、連れに希望の相手に連れがあり。
残った花に手を伸ばす、風に吹かれて逃げて行く。
これって閑吟集には無理やね。
Commented by souu at 2013-11-20 10:06 x
yocco さま
いつでも行けるは行けないんですね。「今でしょ!」で飛び出さないと行けないから
行けてるんだと思います。今回も行けないかもしれないからとお祝いを先に託けて
その日の朝、「行く!」と連絡したのです。列車の時間を見ながら「帰る!」って
忙しないでしょ。
ヘビウリは見るだけなんですね。料理し難いでしょうねぇ。花も良さそうですね。
丁寧な記事 楽しませていただいてますのでゆっくり更新なさって下さい。
Commented by souu at 2013-11-20 10:08 x
syo-kunin さま
横浜は海が近くって良いですねー。
八千草薫さんは 宝塚当時から知ってますが可愛かったなぁヒトミちゃん!
Commented by souu at 2013-11-20 10:14 x
bh2005k さま
この写真の辺りは内海ですが 展覧会場の前の川を少し行くと海らしいです
何しろ 1時間足らずで引き返しましたので 車中から少しという程度でしたが。
bh2005k さんは未だまだ これから頑張れますよ。リンク有難う!
ゆっくりでもお互いに頑張りましょうね。折角お友達にもなれたんだし。
Commented by souu at 2013-11-20 10:21 x
kattyan !
沢山のコメント有難うございます。
昔の人は どうしてこう上手く作れたのでしょう? kattyanの歌も閑吟集に
入れてもらいましょう(^_-)-☆
私の若い頃?危なっかしいものだったでしょうね。今はお盆の水が蒸発して
それともこぼれたのか 二人で軽々運んでいるような気がします。
Commented by KawazuKiyoshi at 2013-11-20 14:52
人生いつだって、これから
そうですね。
まだまだですが、前に歩きましょう。
今日もスマイル
Commented by souu at 2013-11-20 19:23 x
KawazuKiyoshi さま
朝は必ず来ます。前を向いて歩くべきですね。
見習って頑張りましょう。
Commented by おせっちゃん at 2013-11-20 22:31 x
私の通っているパソコン教室に、90歳の女性が生徒として学んでいらっしゃいます。八十路というネームで「老いてなおチャレンジ」というブログもしっかり書いていらっしゃいます。私ども若い者の(?)お手本です。
Commented by usatyu4 at 2013-11-20 22:56
こんばんは こちらに来ると、いろいろ勉強になることが
いっぱいあってためになります。souuさんはいつも勉強をされて
私も見習うことばかりです。
Commented by souu at 2013-11-21 08:58 x
おせっちゃん 様
検索して訪問させてもらいました。写真もお上手で素晴らしいブログですね。
本当にお手本になる方です。お姉さまも96才でお元気なのですね。
私も姉と あんな風になりたいですね。
Commented by souu at 2013-11-21 09:02 x
usatyu さま
有難うございます。ネタがなく困ることもありますが 皆さんに支えられ
何とか続けてきました。コメントを入れていただいてから調べて知ることも
多いので これからも出来るだけ続けたいですね。
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31