玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

万葉の秋を楽しむ

d0330311_1721040.jpg

上野誠先生の「万葉講演会」が近くであるというので 気楽に覗いてみた。
ご近所の知った顔もチラホラ。
d0330311_17233662.jpg今回は2回目だが残念ながら1回目には気が付かなかった。
「万葉の秋を楽しむ」ということで「秋風の音・風の文学」
古今集の藤原敏行の 秋立つ日よめる
秋来ぬと 目にはさやかに見えねども 風の音にぞ 驚かれぬる
風の音で秋を感じる。
良いですねぇ
君待つとわが恋ひをれば 我が宿のすだれ動かし 秋の風吹く
風をだに羨(とも)し 風をだに来むとし待たば 何か嘆かむ

風に恋人の訪れを感じる妹。風を待っているお前はまだいいよという姉。姉の鏡王女と妹の額田王は同じ人との連帯婚だったという。
姉妹でありながら複雑な心境ですね。

見えない風で感じる感性。この時代だけでなく今もそんな時間があっても良い!いや、あれば良いなぁ
「秋」はそんな季節なんだろう。

奈良を代表する音は・・・
鹿の声
吉隠の猪養いの山に伏す鹿の 妻呼ぶ声を聞くがともしさ
鹿は妻を求めて鳴いている。肺一杯に吸い込んだ空気を吐き出す。強いのが良い。
夕されば小倉の山に伏す鹿の今夜は鳴かず 寝(い)ねにけらしも
今夜はもう鳴かない。寝てしまったのか、聞こえない音で判断する。

偶には こんな時間を持つのも良い。

d0330311_17592056.gif


先日、東京在住の方で文字の関係のお知り合いが奈良で書展を開催されるというご案内を貰った。
何故 奈良で?
d0330311_181391.jpg

画廊のオーナーとお友達らしい。
そういう場所の設定をされることもあるんだ!
d0330311_1835662.jpg展覧会をしようと決め 最初にすることは やはり画廊探し。
これって結構楽しい。昔は心斎橋の端から端まで画廊を渡り歩いたことがある。
ここ「風と心」は1996年 オープンした頃、出入りの業者が懇意にしていたのか時々覗きに行った事がある。
墨型彫刻師7代目中村雅峯父子展は特に印象に残っている。
あれから随分 行かなかったが 如何も少し場所が違う。私の記憶違いかと思っていたが去年の春、引っ越したらしい。

「まぁ まぁ まぁ」
ホンとだ。まぁ そんなことは良い。ちゃぁんと会場へ行けたのだから。
この作品には「〇く納めてくれる人がいると助かります」と書かれていた。

それ程 大層な事ではない。
私の心も丸く納まってます。
[PR]
by souu-3 | 2013-11-04 18:22 | 奈良
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31