玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

動物愛護週間

9月20日~26日は動物愛護週間でした。
d0330311_19283513.jpg

その週間は済んだけれど 「動物の虐待は犯罪です」そんなポスターを何処かで見かけました。

愛護動物(哺乳類、鳥類、爬虫類に属する動物および、飼い主の有無にかかわらない全ての牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと、あひる)を虐待したり捨てる(遺棄する)と懲役や罰金に処せられます。

愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者→2年以下の懲役または200万円以下の罰金
愛護動物に対し、みだりにえさや水を与えずに衰弱させるなど虐待を行った者→100万円以下の罰金
愛護動物を遺棄した者→100万円以下の罰金

それでも 捨てる人がいるのです。
d0330311_19422935.jpg買い物で通る所に建設会社があるのですが数匹の猫がいます。夜間は誰も住んでいないのでしょうけれど入ろうと思えば入れる囲みしかありません。
ここへ猫を捨てに来る人があるようです。
ノラちゃんになった子の避妊手術や去勢手術を自費でやって下さっている人も居るのですが 又しても増えるのです。
先日も 可愛い子が3匹。携帯電話で撮りトリミングしたので 3匹が寄り添っているのが判るでしょうか?
近づくと逃げてしまうので こんなに小さい画像です。

若ければ家に連れて帰りたいところですが 最後まで世話をする体力に自信がありません。
2011年度に行政機関で殺処分された犬は43,606匹、猫は131,136匹だそうです。「ひまわりと子犬の7日間」という映画を観たことは前ブログに載せました。辛いのは動物だけではありません。その子たちの命を絶つ仕事をする人も苦しく辛いのです。
だから 最後まで面倒をみられないのなら初めから 連れて帰る訳にはいきません。
あの目で見られると 本当に可愛い!あの子が家に居るとどれ程 癒されるか。
でも、黙って通り過ぎるしかありません。
もう、あの時に戻りたいとも アアしておけば良かったなんてことも思わないのですが 動物と暮らせる時間はもっと欲しいと思ってしまいます。
特にヤンが居なくなってから 強く思うようになりました。

母が大事にしていた犬は母より長生きしました。その子にとって母に替われる人は居ないのです。その別れはお互いに辛いものです。
今はきっとあの世で また一緒に暮らしているとは思いますが。
[PR]
by souu-3 | 2013-09-28 20:25 | ペット
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31