玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

元興寺文化講座

天気予報の通り 夕べから急に季節が変わった。
吹く風の冷たさに あの酷暑はすっかりなくなったようだ。
d0330311_5435766.jpg

本年 秋・冬の文化講座が始まった。
1回目は「古代の舟」川遡る舟と海往く船
薬師寺と唐招提寺の間で見つかった井戸枠と思われていたものは丸木舟だったのではないかという話からはじまった。
当時は 物の運搬は川が頼りだっただろうから舟は絶対に必要なものだったのだろう。「之(是?)船主富福来」と書かれていたそうだ。この解釈も元興寺文化財研究所内でも意見が様々のようだが こうして議論する人々は楽しいのだろうなぁと夢が広がる。
d0330311_5574726.jpg

住んでいる身近な場所のこと、ワクワクしながら聞き入った。
中でも 今、住んでいる所ではなく子供の頃、住んでいた辺りは砂地だった。この近くまで海だったとは聞いていたが 若江、菱江などという地名がある。「江」「津」が付く場所が多いという。江は入り江、津は船つき場だろうか。
戴いた資料の中に 古い地図があった。こんな所まで海だったのかと改めて思う。だから これに繋がる川を遡って 色んなものが運べたのだ。

この講座から ちょっと横道に逸れるかもしれないが 自然を把握するためにも 古い地名をしると良いことに気が付いた。
ネットで調べると、「地名を付けるとき、その土地の状況を考え、自然と共生していた人々は、いつ、どこで洪水や地滑りが起き、どこに住めば安全か、どこに作物を植えればよいか、といった適材適所に対する土地勘があったと考えられ、地名はその土地の履歴を凝縮している。古い地名は、地盤を知るための格好の材料」だと出ていた。

この講座は月1で4回開催される。全部参加出来るか自信がないけれど また、暫く楽しみが出来た。

d0330311_6194258.jpg
お寺で こんな人達を見かけた。
古代衣装を着てのガイドのニュースを見たように思うが この日はレッスンだったのだろうか?
私の勝手な推理は当たっていないかもしれないが こんなことにも秋を感じる。


もう、出てこないのかと思っていたフラワーボックスから ニョキっと伸び出したアルビフローラと思われる花が開花した。
d0330311_6245845.jpg

一晩で20センチほども伸び、横からも もう一本。
ダイヤモンドリリーの球根と共に植えたので どっちの花か判らないが ちょっと嬉しい開花だ。
[PR]
by souu-3 | 2013-09-26 06:27 | 奈良
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31