玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

三本の矢

予期しなかったことだが 昨年、偶然見つけた矢田坐久志玉比古神社(去年の記事へリンクあり)へ1年後の同じ日に行くことになった。

d0330311_542397.jpg

とても長い名前の神社であるが「ヤタニ(イ)マスクシタマヒコジンジャ」と読み、祭神は櫛玉饒速日命とその妃神の御炊屋姫命。
d0330311_5494764.jpg

こちらの方が思い出して頂けるだろうか?
d0330311_5524465.jpg

これで 如何だろうか?
航空の神様という方が判るだろうか。
d0330311_654434.jpg今回はガイドさんの説明付きで歩いた。

← このように書かれているようだ。

その上には源田実氏の書額「航空祖神」が掛けられている。
源田実氏は自衛隊の初代航空総隊司令第3代航空幕僚長で参議院議員でもあったので 一時期 TVでお目に掛かったことがある日本海軍航空隊の第一人者だ。


航空の神様といわれるのは 天孫降臨に先立って 饒速日命(にぎはやのみこと)が天磐船に乗って降臨した時に 三本の矢を射たが その矢が落ちた所と言われている。
d0330311_853264.jpgd0330311_864618.jpg

一の矢(左)は この神社から南へ500mほどの田圃の中にあって 私有地だそうだ。この碑以外には特に何もない。
二の矢(右)は この神社の中にある。

それより北へ500mほど行くと 三の矢が落ちた場所がある。
d0330311_8481420.jpg
d0330311_924101.jpg
ここには「伝承邪馬台国想定地」という石碑が立てられている。この文字は吉田泰一郎書となっている。前々の市長である。

初めに、河内国の河上の哮峰(いかるがのみね)に天降られ、大和国の鳥見の白庭山(境内)に遷り住まわれた。哮の峰では祭祀を営まれたが、宮居とされず、再び天磐船にお乗りになり、大和の天空を駆け巡りながら 「吾が宮居の地に導き給え」の祈願とともに矢三本を放たれたという。

こうして放たれた矢が落ち地を「矢田」と呼び、この神社を「矢落神社」と呼ばれるようになったと言われている。

古い話は 些か混同していることもあるようで何を信じるかは夫々だと ガイドさんも言われていた。
[PR]
by souu-3 | 2013-09-01 05:31 | 奈良 | Comments(16)
Commented by murataです at 2013-09-01 07:00 x
矢田坐久志玉比古神社、懐かしく思い出しました。
我が交野古文化同好会のバス旅行で、5年前訪問しました。
 http://murata35.chicappa.jp/rekisiuo-ku/basuryoko/index01.html
饒速日命が河内国の河上の哮峰(いかるがのみね)に天降られた所が、交野の磐船神社の近くの哮ヶ峰だと、交野市史では書かれています。
Commented by かっちゃん at 2013-09-01 14:21 x
邪馬台国は近畿だ、いや九州だと一時期騒動になりましたね。決定的な証拠がないままに騒ぎは収まったけど、関西人は奈良と思いたいです。この当時の歴史はバカバカしい程ファンタジックで好きなんです。
空に向かって放ったのか、非常に無責任な行動で映画でも空に向かって銃を撃つのを観ますが、必ず落ちてきますし、そこに人が居たら、人でなくとも車の屋根に落ちても迷惑千万。良い子は真似をしないように。
追伸、前ブログに飛んだけど、地震で逝くのを潔よしなんてダメ。本音ならなおダメよ。懸命に生きてこそ、後に生きる人へのメッセージだと思うんです。妻の後先を考えない死に、会いたいと思いながら怒ってもいるんですからね。何としてでも生き抜く方法を考えてね。
Commented by souu at 2013-09-01 17:12 x
murata さま
いらっしゃった時の事はよーく覚えています。あれから5年にもなるのですね。
こうしてネット上に残しておくのは良いですねぇ 久しぶりにゆっくり拝見しました。
饒速日命の墳墓にも行かれたのですね 交野とはあのかえる石もですが
色々繋がりがありますね。それにしても私たちは凄い所に住んでいるのですね。
Commented by souu at 2013-09-01 17:17 x
かっちゃん いつもご心配掛け申し訳ありません。
災害の時には絶対 命を粗末には致しません。リクを連れて安全な方法を取ります。
この時代 判らない事だらけですが・・いや判らないから想像力が膨らむのでしょう。
私も好きです。それも「ここだ!」と夢を見ていたいです。
Commented by うさこちゃん at 2013-09-01 18:24 x
めずらしい神社があるのですね。 初めて知りました。
3本の矢というと、毛利元就を思い出しました。
Commented by souu at 2013-09-02 05:11 x
うさこちゃん 様
奈良は神社も多いですね。同じ市内にあってその近辺に住んでいる知り合いも
多いのですが 去年、老人ホーム見学に行って「あ、ここ!」って感じだったのです。
3本の矢は今やアベノミクスですね。毛利元就の教えが元ですものね。
Commented by asayannj at 2013-09-02 11:31 x
3本の矢のタイトルでアベノミクス?と思いました。
そちらに伝わる三本の矢にも深い歴史があるのですね。
興味深く読ませていただきました。
Commented by yocco at 2013-09-02 19:26 x
まほろば館で「大和の伝説と伝承に遊ぶ」という講座を受講していますが
このお話は初耳です
どういうところから「3本の矢」になったのか、興味が湧いてきます

西日本を中心に大雨が続いているようですね
東京は、日照り続きですが
今日は千葉や埼玉で竜巻と思われる突風が吹き
家屋が半倒壊したとか、停電、けが人続出のニュースでもちきりです
Commented by amamori120 at 2013-09-03 12:05
souu先生   こんにちHA

関心のある分野です

神話神道  暫く遠ざかっていたので、また復習を ♪
Commented by souu at 2013-09-03 14:51 x
asayannj さま
そうでしょ。アベノミクスはこの矢ではなく毛利元就ですね。
大和は国のまほろば 古い話ばかりでしょ。
Commented by souu at 2013-09-03 15:04 x
yocco さま
神話はどこまで本当か判りませんし この話は些か他の話と混乱しているかも
しれません。勿論、碑が建っていても後に出来たものですから信じるか信じないか・・
古事記と日本書紀では少々違うようですが 交野の磐船の話からのようです。
今年は色々ありますね。
Commented by souu at 2013-09-03 15:08 x
amamori さま
興味のある お話聞かせて下さい。
夫は信じないのですが私は夢がある話 大好きです。
Commented by fuchan_k at 2013-09-03 17:37
天の磐船は、今風に言えばUFOでしょうか。
すみません。せっかくの神話が台無しになってしまいますね。
「伝承邪馬台国想定地」の石碑、立派ですね。
色々な所で色々な説があるのでしょうが、それぞれに夢があって
面白そうです。



Commented by souu at 2013-09-03 20:13 x
fuchan さま
日本書記に「東に美き地有り 青山四 周れり その中に亦 天磐船に乗りて飛び降る者有り」とありますが その事かと思うのですが これは神話では空中を飛ぶ石の船のことですからUFOかもしれませんね。
判らない謎だらけだから面白いのでしょうね。
Commented by murataです at 2016-01-07 06:35 x
今年もどうぞよろしくお願いします。
しめ縄もいろいろなものがあるのですね!
以前、交野古文化同好会で伺ったことがある、矢田坐久志玉比古神社の龍は珍しいですね。懐かしく思い出しました。
簾注連縄は枚方市になりますが、津田の春日神社にもあります。
こちらは少し変わってて、鳥居の真ん中より下あたりに飾られ、参拝者は体をかがめて通り抜けるようにして潜ります。
Commented by souu-3 at 2016-01-07 09:14
murata さま
極普通のものは年末に講習があったりしますが それが当たり前では
ないのですね。知るを楽しむ、今年もこれでいけると良いのですが。
龍を解いて鳥居に掛けるのを見に行ければ良いのですがお稽古が始まります。
そちらの注連縄も拝見したいですね。
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31