玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

空蝉

d0330311_13262158.jpg

蝉の賑やかな合唱の中を自転車で走る ε=ε=ε=

空蝉も あっちこっちで見かけるようになった。羽化の様子は前ブログに何度か載せた。今、見直してみると あの時のような感動もなくそれ程綺麗だとも思えないが そのうちの1つにリンクしておこう。

=追加=
d0330311_6153162.jpg夕べ、庭に出した犬の足を拭いてやろうとしたとき、何かが落ちた。
見ると羽化したばかりの蝉だ。
勝手口に吊るした雑巾にまで羽化の場所を求めて・・・
そうか!勝手口に植えていた木槿を切ってしまった。今まで この木に抜け殻が沢山くっ付いていたから不自由な思いをさせているのだろうか?
まだ柔らかい羽の蝉を木に移しておいたが 朝、居なくなっていた。無事飛び立ったのだろう。

d0330311_13574053.jpg1週間後 封切られる「風立ちぬ」を見に行こうと思っている。
アニメーション映画は殆ど見ていないが TVでも色々な事が放映されている。今回のキャッチコピーは「生きねば」であるが 『もののけ姫』では「生きろ。」、『千と千尋の神隠し』では「『生きる力』を呼び醒ませ!」、『ハウルの動く城』では、「生きる楽しさ、愛する歓び。」、『崖の上のポニョ』では、「生まれてきてよかった。」だったそうだ。

劇中で飾られている書の中で、特に宮崎監督のお気に入りなのが良寛さんの『天上大風』なのだそうだ。
この有名な書は「地上には風が吹いていないように思えても、天の上には大きな風(御仏の慈悲)が吹き、見守ってくれている」と解釈されたりしているが 良寛さんは子供にせがまれて凧に書いたと言う この詞 どんなことを考えていたのだろう。

「音」にもこだわりがあるそうだが 出来るだけ苦心された所まで見てきたいと思う。

d0330311_14244419.jpg

風といえば 月草さんのブログに書かれていた「矢沢宰」の詩を暑中見舞いに添えてみようと・・・

d0330311_15123435.gif


d0330311_14392818.jpg
暑い中を出かける事を割けるようになった夫を連れ出す為と 手抜きの誕生日祝い
d0330311_14405992.jpg

以前 ここの本店である清澄の里のことはリンク先にある(料理はこちら)が 今回は奈良町の築130年の古民家を改築した「粟」ならまち店 蔵の部屋でいただいた。
やまと牛の柔らかく美味しかったこと!
これで 又1年元気で暮らせるかな?

d0330311_14582838.jpg帰りに 吉野のいしいの柿こーりと冷やし柿を購入。
つい1週間ほど前にも買ったが この時期冷たい物がツルッと喉を通っていく。
冷たいものばかり食べていると胃には優しくないと思いながらつい!
先日、スーパーで買い物をして急いで帰ろうとした所 出口近くで元弟子2人に出会いお喋り。3,40分も喋っていただろうか、アイスクリームが・・・((+_+))
気にはなっていたが 失敗!失敗!
[PR]
by souu-3 | 2013-07-13 15:15 | 奈良
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31