玉響記=たまゆらのき=

souu3.exblog.jp ブログトップ

いもうと

d0330311_857427.jpg

もうすぐ 申年から酉年になりますが 来年は「丁酉」。「ひのととり」ですね。
年賀状作成中の方は これを書かれているかもしれませんが 喪中の者には・・・(*_ _)

夫には3人の妹が居ました。今年一人欠けましたが 一番上の義妹は私より年齢は上です。
その義妹が 12年前に書いた「とり」です。
酉年は
酉・鶏・鳥・隹とも書きますね。
d0330311_9194661.png

d0330311_920764.png

「隹」は 何故鳥に?と思いますが 甲骨文字などで鳥を書いていると「隹」の形だなぁと思うものが沢山あります。この漢字より「進」「集」など体系的に新しい文字が多く誕生しました。

d0330311_9255979.jpg

毎年、送られてくる色紙の他に軸に仕立てられたものも我が家にあります。

これらの写真を撮って彼女だけのカレンダーを写真屋さんで作ってもらおうかと思っています。
何かと気を遣ってくれる妹へのプレゼントです。
どんなものが出来るでしょうか?





[PR]
# by souu-3 | 2016-12-06 09:33 | 文字の成り立ち・漢字 | Comments(7)

今年の展覧会&来年の展覧会

d0330311_1484213.jpg

今年最後の展覧会は ギャラリー風と心の企画展「ハガキ絵展」12/1~ 25
1枚のパネルに好きなだけハガキを貼る。1枚のハガキだけの人はないが多くて12,3枚。
一人でも良し 数名のグループ出品もOKだ。
今年は 百人一首から4首 作者の絵と歌と三十六人家集の一部分にした。
弟子たちは6名で組んで漢字・仮名・調和体 各自好きなように書いた。
d0330311_141751100.jpgこちらは来年用。
奈良での日本の書展。
奈良新聞主催であるが 今年中に準備を整えたいようで会期は2/22~ 26
新聞掲載用の作品は 郵送でも良いが画像をメールに添付して送れば良い。去年はすっかり忘れていて この時期書く内容も決めていず慌てて 締め切り日を遙かに越えて送った。
今年は新聞社から催促もあり 早めに出来上がった。

今年は伊藤若冲生誕300年で 展覧会なども多かった。
中でも「虎渓三笑図」が大好きで これを書きたい!力強く破筆で書いてみたいと思った。
好きな筆匠・田中さんが作られた硬い筆で書いた。

「虎渓三笑」の出典は「盧山記」で 中国・宋の陳舜兪が煕寧5 (1072) 年に実際に廬山を歩いて著わしたもので 浄土教の開祖である慧遠法師は来客を送る際、精舎の下の虎渓という谷川のところを渡ることをしない戒律を守っていたにも関わらず、陶淵明と陸修静が来訪して、三者でそれぞれの専門分野について話していたとき、興が乗じて話に夢中のあまり 虎渓を越えてしまっていた。気が付いた3人が大笑いをしたという故事である。
話に夢中になり時の経つのも忘れるって良い!
3人が生きた時代が違うなど矛盾点はあるようだが そんなことは如何でも良い、これを若冲が描き 私も書く。なんて大げさなことではないが 来春はこれにした。

d0330311_14543590.jpgハガキ絵展に戻り・・・
この方、ちょっと写真を小さくしたけれど何歳に見えますか?
昨日、会場へ行った時 お一人でタクシーで来られ偶然お逢いした。絵手紙と字手紙を出品されている。
今年 99才! 杖は持たれていたがシャキシャキされ大きなお声ではっきり喋られる。字を書くだけでは面白くないから 薄く書いた字の上から濃い墨で書いてみたんだけど 如何すれば良かったかしら?などと意欲も満々。
筆に薄墨を含め 筆先に濃い墨を付けて書けば良いと言うと「やってみます」なんて。
来年はどんな作品を出品されるか楽しみだ。

d0330311_15222739.jpg
 
d0330311_15235762.jpg 来年は酉年。
こんな年賀状を頂くと 思わず微笑んでしまいそう。
沢山のハガキの中で 私が気に入った1枚。

d0330311_15501888.jpg

これは【おまけ】 
我が弟の写真の一部。

俳句を添えている「赤ばかり 吉野の山の紅葉かな」

去年まで こんなところで一緒になるとは思いもしなかった。
特別、用事がなければ男の兄弟は 特に喋ることもなかったが その後、この1年は見舞いやお葬式、法事、墓終い、何度も逢う機会が出来た。

もっと良いことで逢えると良いのだが。






[PR]
# by souu-3 | 2016-12-03 15:42 | 書道 | Comments(16)

日の出と日の入り

d0330311_1341382.jpg

カレンダーも残り1枚になり手入れのされていない風船カズラが色濃くなり風に靡いている。
いよいよ年末が近づきつつあるなぁと実感する。

d0330311_11485634.jpg月の初めには県民だよりと市の広報誌「つながり」が配布される。

その中の市長のコラムから色々な情報が得られる。
大阪と奈良の境目にある生駒山は 奈良から見ると夕日が沈む山。大阪からは朝日が昇る山だ。

いつの間にか大阪に住んでいた期間より奈良が長くなった。それなのに生まれ育った所の記憶が切り替わらない。
どうしたことだろうか?
コラムにも夕日を眺める生駒山の向こう大阪の大部分は嘗て海だった。南北に延びる上町台地は貴重な陸地で その上に街が発展していく一方 太陽が通る東西の軸は心のよりどころとされ 埋め立てなどで陸地が広がると この軸沿いに大きな神社や寺院が山々から朝日を受ける位置に作られた、と。
この生駒山は私たちにとって太陽の沈む場所。郡山城天守閣の金箔瓦も 西日に輝いていたに違いない。来春完成する天守台展望施設から 先人の姿に思いを巡らせてみませんか。と締めくくられている。工事中が続いていた天守台もいよいよ完成間近なようだ。

*** blog の記録 ***
[PR]
# by souu-3 | 2016-11-30 15:44 | 奈良 | Comments(6)

師走の前なのに・・

d0330311_604272.jpg


大阪教育大・張ゼミの皆さんの作品と天津大學・王學仲 藝術研究所の方々の作品、そして井関氏のコレクション(リンクあり)の一部が展示され 奈良・餅飯殿のギャラリーまつもりで開催中。27日まで
この餅飯殿は奈良で最も古い商店街で JR奈良駅から三条通を通り高速餅つきで有名な中谷堂の横を曲がってすぐの所である。
「餅飯殿」の地名の由来は大峰山の行者を困らせる大蛇退治に出かけることになった東大寺の高僧、理源大師が大蛇の被害を受けた人々に「餅」や「飯」を配り大蛇を退治したので 餅飯の殿と言われた理源大師に因んで名づけられたと言われている。

d0330311_6201796.jpg

高齢化した私たちと違い 若い人たちのピチピチした元気な書と皆さんとも交流出来たひと時の後、又また獣医さんへリクのカテーテルやアイのサプリメントを貰いき行った。

翌日は
これも「又」なんだが喪服を着ることになった。文字文化研究所を立ち上げずっと運営されていた中心人物のお葬式。
ここでもお仲間たちと逢いお喋り三昧。

d0330311_1919232.jpg
そして本27日は朝から競書の審査。
大急ぎで帰宅して 地元のホールでの桂文枝独演会へ。
桂文路郎「宿題」文枝「やさしい言葉」三語「青い目をした会長さん」文枝「芸者ちどり・24才」
このホールが出来て15年。いつも見に来られる市長は 弥富市市制10周年記念事業「やとみ金魚サミット」に出席のため文枝師匠に手紙を出されたそうで「金魚に負けました」と。筆まめな市長らしい。

お喋りの多かった2日の後、ゆっくり落語を聴く。

まだ、師走に入る前なのに先週に続き連日バタバタした日々である。

この調子で12月を迎え 今年も過ぎ去って行くのだろう。








 
[PR]
# by souu-3 | 2016-11-27 06:52 | 書道 | Comments(10)

文部科学大臣表彰

d0330311_12525187.jpg

d0330311_1253175.jpg

地元の小学校から 公民館のクラブに出前授業を依頼されたことは 既に記したが この度、28年度「地域学校協働活動」推進に係る文部科学大臣表彰をされることに決まった。
勿論、公民館の それも書道クラブだけでなく地域の神社などとも交流した事に対しての表彰ではある。
小学校は勿論、公民館もクラブのみんなも嬉しい表彰となった。
また これからもこうした交流を通じ頑張りたいものだ。

表彰は12月8日 文部科学省で催されるそうだ。





[PR]
# by souu-3 | 2016-11-25 13:12 | 書道 | Comments(9)

漢字の授業

d0330311_835395.jpg急に冷え込み冬の到来と思っていると 少し逆戻りをし樹々も一気に色付いた。
近くの公園の樹や家の前の緑地帯の桜の葉も真っ赤になった。
d0330311_8392248.jpg








クリーンキャンペーンで 綺麗に掃き清めたが夕方には又落ち葉がイッパイ!
眺めるのは良いが落ち葉の上は危険。特に老人は要注意であろう。
テレビでも美しい紅葉が映し出される。
日本はイイなぁと思える瞬間だ。

d0330311_847076.jpg

漢字教育公開研究会が催され、公開授業を参観させてもらった。

10年以上前、所属していた文字文化研究所から何度か 福井県や滋賀県、京都などへ出かけた。
その時、色んな教材を作り試行錯誤した。
当時と変わらない方法での授業もあれば ICT(Information and Communication Technology)での授業まで様々なものだった。
d0330311_925175.jpg立命館小学校といえば これ!辞書だ。
流石 引く速さはスゴイ!!
我が教室で弟子たちに引かせる早さとは エライ違い。

1限に5クラス、2限で10クラスの授業が公開され自由に参観出来るようになっていた。1クラスをずっと参観しても良し、あっちこっちへ移動しても良い。私は 欲張りで全クラスを参観した。

d0330311_919384.jpg

d0330311_920435.jpg「古代文字動物園をつくろう」という授業は 福井の小学校の先生が担当され 福井県の紹介で「こども歴史文化館」へ行ったことがある人と言われた。
思わず手を挙げそうになった。
福井は思い出がイッパイ!

古代の人が身近な動物の特徴をつかみ文字を作ったこと。龍・鳳・虎には冠が付いている。特別な生き物だったことなどの説明があり それから文字が広がって多くの漢字が出来た説明があったかは じっとそこにとどまらなったので判らない。
が、遊びも取り入れた授業は楽しそうだった。

d0330311_954553.jpg

これも何度も試したことがある授業だが 人の形をポーズさせて知る。
二人が並んで 「並」の文字を作った古代の人は凄かったデスね。
観察力の素晴らしさがあったからこそ出来た漢字、表意文字だから一文字を見るだけで何を表しているか判る。
ローマ字やカナでは判断し難い。しかも3000年以上も使われている文字は世界の何処を探してもない。

d0330311_1019220.jpgd0330311_10193281.jpg時代は目まぐるしく変化する。
こうした ICTやパワーポイントなどが駆使されての説明は ノンビリした時代を過ごした者には大変だけど便利なものだ。

まだまだ変わっていくのだろうが 作られた文字の元は同じ。子供の時に覚えれば一生役に立つだろう。
d0330311_10243627.jpg
午後は意見交換会、白川フォント開発のデモンストレーション、白川先生の長女 史さんの記念講演があったが 例によって私の許される時間は ここまで。

携帯に市からの広報で地震が発生したという。奈良に住む者は自然災害が少ない地域だと思い込んでいるから 世界中どこでも起こることを知らされたのかもしれない。
朝は大阪周りだったが帰りは京都周り、近鉄特急で西ノ京へ 自転車を置いた駅までタクシーで大急ぎで帰宅した。






[PR]
# by souu-3 | 2016-11-21 10:38 | 文字の成り立ち・漢字 | Comments(18)

目で見る漢字

d0330311_11231281.jpg

先月のことである。市内の小学校で絵本展が開催されたそうだ。PCの師匠のFacebookでそれを見ていると並べられた本の中に「目で見る漢字」という本が目に留まった。

図書館の本だというので行ってみると貸し出し中だったが予約を入れて帰った。

d0330311_6225475.jpg

漢字は丸暗記すると面白くない。
目で見て これがこんな文字になったのか!って感動することも多い。
子供向きなのかもしれないが 大人も充分楽しめる。
d0330311_864153.png  d0330311_8115781.png左は「」右は「
どちらも象形文字であるが甲骨文字(鳥)も金文(烏)も似た象(形)だ。
この本に依れば「4画目の横棒が目を表しており 全身が黒いカラスはこの目が識別し難いから」だと。説は色々あるが、このことも最初に断ってあったが そんな事より こう言われると嫌でも覚えられるのではないだろうか。

d0330311_6253511.jpg

蛙と桂 どちらにも圭が付く。「圭」は字通では圭玉の象と書かれている。この本には「佳」にもあるように美しいという意味を持たせている説もある、と。
鮭・畦・封・邽・街・湗(ほう)恚(うらむ、いかる)などもある。みんな美しいのかと言われれば よく判らないが こんな風に写真と組み合わせて漢字に興味が持てるように出来ている。

最初の画像、本の表紙であるがバラバラにされた蟹。分解しやすいのが「蟹」と出ている。
甲骨文字や金文にはなく説文解字にはあり 「解」は甲骨にもある 角と刀と牛の組み合わせで出来ている会意文字で 元々牛の角を刀で切り取ることであったが 現在は広い意味で使われるようになった。


明日は
京都の小・中学校の公開授業を見に行こうと思っている。
どんな授業をされるのか楽しみである。





[PR]
# by souu-3 | 2016-11-18 08:41 | 文字の成り立ち・漢字 | Comments(14)

秋に咲く桜

d0330311_17313042.jpg

急な冷え込みに銀杏はすっかり色づいた。

昨年から体調を崩していた友が 快復したというのでお喋り付きランチをと言うことになった。
彼女とは会社の同期生で現在の大阪環状線、当時は城東線といい砲兵工廠の焼け跡がむき出しになっていた頃 この電車で通勤していた。
d0330311_1747876.jpg

d0330311_174729100.jpgその後、この辺りは整備され小さなヒョロヒョロとした木が植えられ 公園になった。

あれから50年 いや60年近くなるだろうか?
立派に成長した樹々が並ぶ。
そんな思い出話に花が咲き楽しい時間が過ぎた。

彼女はほっそりとした綺麗な娘さんだった。
結婚して立派な体格になったが この度の病で15K も体重が減った時期があったという。少しずつ回復しているようではあるが まだ可なり細く娘時代に戻ったようね。などと昔を思い出すことが多かった。両親のこと、兄弟の事、お互いに知り尽くしている間柄。話は尽きない。

d0330311_182442.jpg

大川の桜も すっかり紅くなっている。
そんな中に
d0330311_1831851.jpg
八重桜「松月」が咲いていた。
松月と言えば造幣局の通り抜けで見た八重桜。
今頃も咲くのだろうか?十月桜など秋に咲く桜もあるが この種類の開花は検索しても見当たらない。
桜は本来、夏の間に翌春の花芽を作ってから休眠に入るが葉で作られ花芽に届く「休眠(成長抑制)ホルモン」によって、咲くことを「待て」の状態にされる。そして、葉が落ち冬の寒さで休眠から目覚め、次第に春の暖かさを感じて、つぼみが成長して開花を迎える。とネットには書かれていた。d0330311_1843514.jpg
そういえば 川沿いの桜の木は紅葉しているが 花の付いた木には葉っぱが殆どない。
何らかの理由で葉が機能しなくなり、十分な休眠ホルモンが花芽に届かず涼しくなった後、春のような暖かい日が何日か続くと開花するらしい。
それなのか この時期に咲く品種なのかは判らないが 寒風に揺れながら花は咲いていた。

日本には四季があるから こうして楽しめる。ちゃぁんと四季のある日本であってほしい。








More
[PR]
# by souu-3 | 2016-11-15 05:26 | 雑記 | Comments(14)

初冬の日々

d0330311_1056326.jpg

d0330311_10564197.jpg初冬の陽を浴びてツメレンゲの花が 白く輝く。

10年位前近くに住んでいた花好きさんが この多肉植物を置いて引っ越していった。勿論いただいたのだけど。

この花は冬眠し 夏にも休眠するらしいが、今の時期 こんな花が咲き枯れてしまうが 枯れるのは親株だけで 地下茎を伸ばして子株が脇からよく出てくるので 私のように「ほったらかし」にしても長く楽しめる。

自生種は 準絶滅危惧種だという。
園芸種とは違うのかと検索すると「自然環境では山中の日当たりのよいロックガーデンであるとか、崩落地、岩の露出した断崖絶壁に生えるが、瓦屋根の古民家が多数残る地方の古い町を散策したり、山中や海岸の崩落した廃道や、廃棄された古いトンネルなどを探した方が良い」と書かれていた。

d0330311_1124176.jpg

もう、10年以上になると思うが 書道の友達が書くのを止めた。最近、身辺整理をしているらしく仮名料紙を加工していた頃、使っていた「膠」や「胡粉」刷毛、紙を貼っておく枠や版木を送ってきた。
止める人は画仙紙や筆など 使わなくなった物を貰ってほしいと言われることが多い。
d0330311_11283199.jpg

早速、版木を使って料紙加工をしてみた。
中々 細部まで丁寧に彫った版木の模様は素晴らしい。
有難く使わせてもらおう。

d0330311_11335590.jpgd0330311_11341626.jpg市内の公民館の秋の発表会の最後を飾る中央公民館・三の丸祭が12,13の両日開催されている。

2か所のクラブを担当していたが 犬の世話に帰宅して又出かけるのが億劫になったこともあり 弟子に任せるようになり 数年経った。
発表会には その時々で夫々に新しい手本を書かねばならない。
慣れれば何でもないことだが 中々大変なようであったが よく勉強してくれて書けるようになった。
自分の為でもある。
教えることは学ぶこと。
随分 腕は上がったと思う。

そういう弟子を多く育てなければならないが 難しい。
書道の場合、まず真似ることから始まる。手本を見て書くだけでも大変なのに 何でも書けるようになるには結構 努力が必要だ。
目の前で すぐ書けると良いと思うが 多くの場合、時間的なこともあり後日手本を渡すことになるが それなりに時間を掛けているようだ。

d0330311_11502560.jpg

来年も「古事記のまつり」が1月21日に催される。
4回目であるが 賣太神社・輪読会から出演することになり「木花之佐久夜毗売」を朗誦と歌で綴る。
練習も始まったばかりであるが どんな出来になるだろうか?





[PR]
# by souu-3 | 2016-11-12 12:02 | 書道 | Comments(14)

秋は何処へ?

d0330311_942230.jpg

ブルーインパルスが 我が家の上空を通過した日は 確かに「秋」だと思った。
真っ青な秋らしい空だった。
7日は冬が始まる日「立冬」暦に合わせたように冬が来た!何と短い秋だったこと。

d0330311_9393062.jpgそんな頃、我が娘のサロンは開店丸5年という日を迎えた。
東京には 若い経営者も多いようで そんな人たちとも繋がりが出来ているようだ。勿論、一人の力ではない、助けて下さった方々があっての事だが5年間よく頑張ったと思う。
親としては 心配がない訳ではない。いつも気になっている。

何より元気であったこと。健康は老人ばかりではなく若い人も絶対大事なことだ。
支えてくれたMくん初め多くの方々があっての事。親は何一つ出来てはいない。
我が家は 夫が許してくれたからだけど私も好きなことをずっと続けてきた。子供にも進む道は自分で決めることにしていた。高校生の時の目標とは全く違うものになったが自分で考え自分で歩んでいくことが一番かと思っている。

d0330311_13321363.jpg

6日の航空自衛隊奈良基地60周年のイベントの日は前日の事前飛行訓練の日のような青空ではなかったが 平城宮祉には今まで見たこともないほど大勢の人で埋まった。

d0330311_13394058.jpg

動画も撮ったが 前日の素晴らしさを見ているので 曇り空は感動が少なく良い動画とは言えないのは残念である。
これが「秋」というものかもしれない。

その後は寒さが募り いよいよ冬の到来を思わせる。

d0330311_13435011.jpg

こんな時、実家の墓終いをすることになった。
来年の事かと思っていたが お寺の都合らしいが急な知らせであった。
生駒山系の信貴山にあり ご先祖様、祖父母、両親、弟夫婦の水子のお墓を永代供養にする。弟には嫁いだ娘が一人いるだけで 元気なうちに子供の世話にならないようにしたいという弟の意思に従った。
お墓からはあべのハルカスを含む大阪平野が見える。この景色ともお別れかと思うと一抹の寂しさがある。

d0330311_14123899.jpg
今年は夫の妹、私の姉夫婦の3人が亡くなり 喪中のハガキを準備した。
そろそろお知り合いから喪中葉書が舞い込むようになったので我が家も投函すことにした。

それでも年賀状を下さる方があれば寒中見舞いかご挨拶状をと準備をした。


年賀状が来ないお正月は寂しいなぁ






[PR]
# by souu-3 | 2016-11-09 14:18 | 雑記 | Comments(16)
line

一瞬のきらめきを求めて


by souu-3
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31